ここから本文です

両親、祖父母など親族が亡くなった場合の忌引き休暇は常識的に考えて何日くらいで...

celica0218さん

2014/3/2310:01:38

両親、祖父母など親族が亡くなった場合の忌引き休暇は常識的に考えて何日くらいですか?

閲覧数:
594,085
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ryokan4130さん

2014/3/2310:58:09

忌引き休暇の日数は各会社の就業規則によりますが、私が担当していたときに相談を受けたりアドバイスした一般的なものは次のとおりです。
起算日:亡くなられた当日からのものが多いのですが翌日からのものも見られます。
日数:配偶者10日、父母7日、子5日、祖父母3日、兄弟姉妹3日、叔父・伯父・叔母・伯母1日、孫1日、配偶者の父母3日、配偶者の祖父母1日、配偶者の兄弟姉妹1日。

(忌引きの性格上会社の休業日も連続して日数に数えられます。なお、葬儀等が遠距離の場合は往復日数を各1日加算する会社もあります。)
賃金の取り扱い:有給
忌引き休暇は、通夜や告別式に参加するだけに認められるものでなく、往復や葬儀後の片付けなど諸々に使用できます。

就業規則の中に忌引き休暇の規定を新たに設ける場合の参考になろうかと思いますが、常識で考えるのではなく勤務先の就業規則がどうなっているかによります。
忌引き休暇がない会社もありますが、ないからといって労働基準法に違反するものではありません。

質問した人からのコメント

2014/3/23 17:23:37

降参 丁寧な回答ありがとうございました。

「忌引き休暇」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

otaruucmsさん

2014/3/2310:50:31

勤務先の規定で決まっていますので、社会的な常識とか非常識
といった次元で考えるようなものではありません。
いわゆる勤務先の人事規定で決まっています。

・親の場合、逝去日から初七日法要まで参列できるように7日間が
休める勤務先が多いようです。途中に二日間の通常の定休がある
でしょうから、実質は5日間です。
途中に祝日があっても、加算をしてくれるようなところはあまり
みた経験がありません。

・祖父母の場合、3日間が多いようです。通夜と葬儀に参列できるような
配慮ができていると思います。


具体的に心配事があるようであれば、例えばの質問でもかまいませんので、
もう少し予想できる事実で相談をするといいでしょう。土日祝日の会社も
ありますし、公務員もいます。また不規則な勤務形態もありますので、
具体的な質問をすると、あなたの場合の常識がアドバイス可能です。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。