ここから本文です

アセチルコリン、ノルアドレナリン、ドーパミン、アドレナリンの違いを具体的に教...

min********さん

2014/3/2414:22:49

アセチルコリン、ノルアドレナリン、ドーパミン、アドレナリンの違いを具体的に教えてください。

アセチルコリン…学習、記憶、レム睡眠、アルツハイマーに関与

ノルアドレナリン…不安、恐

怖、記憶、集中力

ドーパミン…攻撃性、創造性、快感

上記のことは分かっていて、いずれも神経を興奮させる働きとありますが、どれも同じことを言っているようにしか見えないです。

それぞれ、どのような状況で何を思ったり感じたり体感したときに働くのかを教えていただきたいです。

よろしくお願いしますm(__)m

閲覧数:
1,956
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

jj_********さん

2014/3/2700:16:04

質問者さんの挙げている通りで良いと思うのですが。。。
さらにくだけていうと

ドパミンは幸福感を生みだす
アドレナリン、ノルアドレナリンは冷や汗をかく場面など
アセチルコリンはリラックス時

って感じですかね。
質問者さんの求めるレベルが分かりませんが、看護学生、医学生、理系の学生ならこの程度の理解では不十分です。

質問した人からのコメント

2014/3/27 15:29:54

降参 そーなんですね、そんなに難しく考えなくても良いのですね^_^;
一応医療関係の勉強をしていますが、実用的なイメージがはっきり分からないと覚えにくい分野だなと思いまして…f(^^;

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる