ここから本文です

年収が216万円で確定申告や還付申告した場合 還付金はおいくらくらい戻ってくるの...

miz********さん

2014/3/2507:53:10

年収が216万円で確定申告や還付申告した場合 還付金はおいくらくらい戻ってくるのか分かる方いらっしゃいましたら是非教えて下さい。またその計算方式も分かればそちらの方も簡潔でも具体的でも構いませんので教え

て下さい。
因みに扶養家族等は一切いません。雇用がアルバイトなので厚生年金や社会保険なども未加入で 全て国民です

宜しくお願いします

閲覧数:
925
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

blu********さん

2014/3/2522:04:37

オマエは、「給与所得控除」、「所得控除」、「課税される所得に対する税率」、「特別復興所得税」の何たるかを知らないのか。

バカタレめ、新聞ぐらい毎日読みなさい、


だらしねーそ、しっかりはめ。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

hos********さん

2014/3/2508:43:48

源泉徴収票はお持ちですか?
年末調整されてない源泉徴収票であれば、「支払金額」と「源泉徴収税額」だけ、金額が書かれてると思います。


1.「支払金額」から「給与所得控除後の金額」を計算します。

給与所得控除
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1410.htm

一番下の枠に「支払金額」を入力すると、計算できます。
2,160,000円だと、1,332,000円になると思いますが、正確な数字で。


2.「給与所得控除後の金額」から以下を引くと、課税所得が計算できます。

・基礎控除:380,000円
・国民年金保険料
・国民健康保険料
・生命保険料控除
・介護保険料控除
・地震保険料控除


3.課税所得の1000円未満を切り捨てて、所得税率(5%)を掛けると「所得税」が計算できます。

所得税の税率
https://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2260.htm


4.「所得税」に2.1%を掛けて、「復興特別所得税」を計算します。

5.「所得税」と「復興特別所得税」を足します。


6.5の結果と、源泉徴収票の「源泉徴収税額」のどちらが大きいか?

「源泉徴収税額」の方が多ければ、「源泉徴収税額」から5の結果を引いた金額が還付されます。
5の結果の方が多ければ、5の結果から「源泉徴収税額」を引いて、100円未満を切り捨てた金額を納税します。

han********さん

2014/3/2508:14:06

アルバイト先で年末調整していないということですか?
年末調整していないのなら確定申告は必須です。

年末調整も確定申告も年間の収入と各種控除を
計算して毎月天引きされた源泉徴収額の合計との
清算になりますので、還付か追徴かはそれぞれの
人によって違います。
計算方法は
給与収入-給与所得控除-基礎控除-社会保険控除=課税所得
課税所得X0.05=所得税額
毎月天引きされた源泉所得税の合計-所得税額=還付または追徴

給与所得控除=216万X0.3+18万≒83万
基礎控除=38万
社会保険控除=昨年支払った国民健康保険料+昨年支払った国民年金保険料
社会保険料の合計と源泉徴収された合計額はあなたにしかわかりません。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる