ここから本文です

純文学系の小説についてお教え下さい。作品のテーマなどに関してです。

god********さん

2014/3/2811:57:14

純文学系の小説についてお教え下さい。作品のテーマなどに関してです。

芥川賞の選評(いとうせいこうさんの想像ラジオに関するものです)を見ていたら「小説を書く目的がヒューマニズムというのは一番良くないと彼は良く分かっている」という趣旨の発言があったので気になったのですが、純文学系の小説ではヒューマニズムを前面に押し出した小説はNGなのでしょうか?
ヒューマニズムの定義にもよるかもしれませんが、博愛主義だとか人間愛だとか……そのようなものを指しているのだと思うのですが、確かにそういう作品はあまりないような気がします。
私は表現技法だけでなく、思想の啓蒙も純文学に必要な要素なのかと考えていたので、この選評を読んで良く分からなくなってしまいました。
私が無知なもので、選考委員の方の発言を誤解して受け取っている可能性があるのかもしれません。
そこで詳しい方に教えていただきたいのですが、ヒューマニズムというテーマは純文学系の小説にふさわしくないものなのですか?
それよりも人間の欲望や葛藤や、感情などをうまい比喩を使って書いているものが評価されるのでしょうか?
ぜひご教授下さいませ。

閲覧数:
413
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

cos********さん

2014/3/2900:20:17

個人的な見解ですが…。

人間愛的テーマで、たとえば「レ・ミゼラブル」なんかが、この場合のヒューマニズム小説になると思います。
(本来の意味のヒューマニズムとは違うと思いますが)
現代版「レ・ミゼラブル」を書いたとして、芥川賞が受けられるかというとムリだと思います。

書かれた時代もありますが、「レ・ミゼラブル」は世界的名作ですし、「小説を書く目的がヒューマニズムというのは一番良くない」というのは些か言いすぎですよね。
言うなら「芥川賞の受賞作がヒューマニズムをテーマにしているのは良くない」といったところですか。

純文学の定義は曖昧で、選考委員が純文学だと言えば純文学です。
その選考委員が「ヒューマニズムをテーマにしたのは一番ダメだ」と言っているのですから、そういう事なんだと思います。

大体、純文学というのは、日本だけの変なものの見方なので、芥川賞を取りたい人と選考委員以外にはどうでもいい事だと思いますけども。

質問した人からのコメント

2014/3/31 18:53:34

ご回答ありがとうございました!とても分かりやすい例を教えていただきましたのでベストアンサーにさせていただきます。お二人ともありがとうございます。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

yut********さん

2014/3/2813:18:43

て言うか、昨今の芥川賞の傾向です。芥川賞の文学がヒューマニズムを受け入れないだけです。だから「蛇とピアス」のような気持ちの悪い作品が受賞したりするのです。ただ、ヒューマニズムで受ける作品を作るのはちょっと難しいですね。文学が啓蒙の意味があったのは、近代文学までです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる