ここから本文です

PKでフェイントでキーパーを先に飛ばせるのはあり?

moz********さん

2007/9/613:22:20

PKでフェイントでキーパーを先に飛ばせるのはあり?

サッカーのPKで、キッカーがわざと空振りするようにして先にキーパーを横っ飛びさせて、その後球を蹴るのは反則ですか?

閲覧数:
30,235
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

gol********さん

編集あり2007/9/621:00:48

PK時にキッカーがフェイントをかける事自体は反則ではありません。
但し、キッカーが空振りするといったフェイントは主審が反スポーツ的行為であると判断すると“思います”。

PK時のキッカーのフェイントは、主審が反スポーツ的行為であると判断するようなフェイントでない限り認められています。
そして、インプレー(キッカーがボールを蹴ってボールが前方に移動した時点でインプレー)になった時、GKはゴールポスト間のゴールライン上にいる事(つまり横への移動自体は可能)となっているので、フェイントにつられて横っ飛びする事も反則ではありません。

ですから、キッカーが主審が反スポーツ的行為と判断しないようなフェイントをかけ、相手GKを横っ飛びさせ、その後蹴る事は反則ではありません。

以前の『競技規則の質問と回答』には、ペナルティーキック時のキッカーのフェイントは認めるが、キックのモーションに入ってから、キックを途中で止めてから蹴るのは反則とありました。

最新版の『審判員のための追加的指示およびガイドライン(旧名称質問と回答)』には、ペナルティーキックのときに相手を混乱させるためフェイントを用いるのは、認められる。しかしながら、フェイントが反スポーツ的行為となる行動であると主審が判断した場合は、キッカーは警告されるとあります。
反スポーツ的行為についての具体例は書かれていません。
ですから、最終的には主審がどう判断するかにかかってくると思います。

☐参考
サッカー競技規則2007/2008第14条ペナルティーキック http://www.jfa.or.jp/jfa/law/pdf/law_soccer_all_07.pdf のPDF文書内P45~P47
進め方
●ペナルティーキックを行う競技者は、ボールを前方にける。
●他の競技者がボールに触れるまで、キッカーは再びボールをプレーしない。
●“ボールは、けられて前方に移動したときインプレーとなる”。
ペナルティーキックを通常の時間内に行う、あるいは前、後半の時間を追加して行うまたは再び行うとき、ボールが両ゴールポスト間とクロスバーの下を通過する前に、次のことがあっても得点が与えられる。
●ボールがゴールポスト、クロスバー、ゴールキーパーのいずれかまたはそれらに触れる。

違反と罰則
インプレーになる前に、ペナルティーキックを行う競技者が競技規則に違反する。
●主審は、そのままキックを行わせる。
●ボールがゴールに入った場合、キックが再び行われる。
●ボールがゴールに入らなかった場合、主審はプレーを停止し、違反の起きた場所から行われる守備側チームの間接フリーキックで試合を再開する。

インプレーになる前にゴールキーパーが競技規則に違反する。
●主審は、そのままキックを行わせる。
●ボールがゴールに入った場合、得点が与えられる。
●ボールがゴールに入らなかった場合、キックが再び行われる。
キックを行う競技者の味方競技者が競技規則に違反する。
●主審は、そのままキックを行わせる。
●ボールがゴールに入った場合、キックが再び行われる。
●ボールがゴールに入らなかった場合、主審はプレーを停止し、違反の起きた場所から行われる守備側チームの間接フリーキックで試合を再開する。

審判員のための追加的指示およびガイドライン2007/2008第14条ペナルティーキック
http://www.jfa.or.jp/jfa/law/pdf/law_soccer_07_02.pdf のPDF文書内P127~P128
進め方
ペナルティーキックのときに相手を混乱させるためフェイントを用いるのは、サッカーの一部であり認められる。
しかしながら、フェイントが反スポーツ的行為となる行動であると主審が判断した場合は、それを行った競技者は警告される。

ペナルティーキックの準備
主審は、ペナルティーキックが行われる前に次の要件について確認する。
●キッカーが特定されている。
●ボールが正しくペナルティーマーク上に置かれている。
●ゴールキーパーがゴールポスト間のゴールライン上にいて、キッカーに
面している。
●キッカーとゴールキーパー以外の味方競技者、
― ペナルティーエリアの外にいる。
― ペナルティーアークの外にいる。
― ボールより後方にいる。

サッカー競技規則は『毎年3月頃に』、変更(実施時期もその時指示される)されるので、
日本サッカー協会の公式HPの競技規則ページhttp://www.jfa.or.jp/jfa/law/ にいって、最新の競技規則を参考にされて下さい。

「pkでフェイント」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kot********さん

2007/9/617:59:47

 PKのルールとして、
「キッカーは、フェイントの類を一切やってはならない」
「GKは、キッカーが蹴るまで動いてはならない」
・・・というのがあるんですが、厳密には守られてないですね。
 キッカーのフェイントは一切駄目、ただし散々焦らしたりするのはオーケー。自分のタイミングで蹴ってもいいんです。
 一方、Gkは蹴るまで動いちゃいけないんですが、現実には大抵、蹴る前にヤマかけて飛んでます。ホントならファウルなんですが、それでは間に合わないので多少ならレフェリーも大目に見ている、と言うのが現状です。

gk2********さん

2007/9/616:50:28

明らかな空振りだと反則となると思います。

ラボーナとか、軸足キックなら微妙です。
(審判の受け取り方しだいです。)

キーパーについては、
キッカーが蹴る前はゴールライン上に居なければなりません。

実はゴールライン上であれば、横の動きはOKです。

その為、タイミングをずらして
GKを動かしてから蹴るというのは反則になりません。
(ガンバの遠藤選手のPKは、この類の物にあたるかと思います。)

ただ、上記であげたものも全て主審がどう判断するかですが・・・。

gar********さん

2007/9/613:32:30

反則です。
PKの時キッカーは止まったり、キック時にフェイントをかけてはいけません。
また、キーパーはキッカーがボールを蹴るまでゴールラインの線上を離れてはいけません。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる