ここから本文です

将棋の感想戦は本当に効果があると思いますか?

paripari_komaoto_51keima_narazuさん

2014/4/1120:52:34

将棋の感想戦は本当に効果があると思いますか?

補足すみませんね。補足します。
アマチュアの局後の感想戦で自分が強くなるためにやった方が本当に効果があるかどうかです。

閲覧数:
575
回答数:
5
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ぐだぐだ感想戦をしてるのは意味がないです。
僕は前まで断固として感想戦反対派でしたが最近は少しずつ感想戦をするようにしています。
今でも多少感想戦は乗り気じゃないのですが・・・
感想戦のコツは僕は、まず終盤の感想戦はまずしません。終盤は本人の自己責任ですので終盤をあんな1億とおりぐらいある終盤をいちいち検討したって時間の無駄です。無駄!
なので基本的に序盤中盤をおもに検討します。特に仕掛けあたりを脳に意識させて検討になったらその部分から巻き戻すのがお勧めです。仕掛けから検討したらその後の手もスムーズに思い出せますよ。
Ⅰ仕掛けの局面から検討する。Ⅱ中盤のねじりあいなので敗着になった1手の候補手を探す
要は結果がなんだったのだっかかさえ分かればいいのです。僕は終盤の検討は断固反対です!
なので感想戦は全否定はしませんがある程度なら効果があると思います。

質問した人からのコメント

2014/4/16 20:07:20

皆様ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

gta********さん

2014/4/1206:52:47

感想戦というより、局後の検討ですね。
そりゃ、将棋に限らず、反省して自分の悪かったところを省みることは、上達には欠かせません。
将棋の場合勝負事ですから、相手から学ぶことでさらに効果はあがるでしょう。
私自身も、自分の思い込みで不利になっていたところを、後で相手に「なぜそうするの」指摘されて、目からうろこが落ちたことは何度もあります。
ただし、細かいところまで検討する必要はないと思いますよ。

kum********さん

2014/4/1204:50:35

大いに効果があると思います。
特に負けた将棋の感想戦は悔しい感情も相まって局面も感想戦の内容も強烈に脳に焼付くので悪手再発防止に効果が有ります。
また、局後こそ分かる、あの局面は良いと思ってたが悪かった、あの手から悪くなった等、次の対局に役立つ形勢判断の材料を残してくれます。
加藤一二三先生の著書に負けて強くなる、が有るので、プロ棋士でも負けた将棋は重要なのではないでしょうか?

aku********さん

2014/4/1200:40:14

今後の将棋で同じ変化になることもありますから、本音は言えない場合も多いでしょう。
他の棋士だって知るでしょうし。

負けたほうが、神経が高ぶって眠れないからこうやれば勝ってた変化を探す効果など

効果の意味が自分、あるいはお互いの棋力向上の意味なのか不明瞭なので答えにくいですけど。

後でおかしかったところを自分で考えて見る棋士もいるでしょうし。

プロフィール画像

カテゴリマスター

編集あり2014/4/1201:06:42

(私はあくまで、アマチュアの場合を答えます。)

対局者2人の姿勢しだいでしょう。

感想戦でお互いに相手を尊重しながら意見を述べ合えば(ここで言う意見は
「本音」というニュアンスです)効果があります。

上辺だけの意見を言うだけだったり、お互いに自分の主張を曲げずに半分喧嘩に
なったりしては、意味がありません。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる