ここから本文です

親戚からの土地の取得(贈与税、時効取得、借地権)

pen********さん

2014/4/1700:33:59

親戚からの土地の取得(贈与税、時効取得、借地権)

教えて下さい。
現在実家は30年以上、親戚の持つ土地に立っています。家の権利は親にあります。
親戚が高齢で体調も悪く、今後のことを心配してくれています。実家の親もやや高齢です。
そこで親戚が亡くなっても今の家で親が安心して暮らせるように借地権を交わそうと提案してきました。
土地は70ー90坪程です。親戚は土地をあげてもいいと言ってくれましたが、贈与税がかかるし、仮に安く売ったら国税局から追加の税金を取られる恐れがあるといい、借地権を提案しています。
ここで質問ですが、土地を最も安く親のものにする方法は何でしょうか?
時効取得で一時所得税金を払った方が安い気もします。
地価と比較しどの程度の売買で国税局の調査が入るものなのでしょうか?
法律には全くの素人ですので、わかりやすく教えて頂ければ幸いです。

閲覧数:
719
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sus********さん

2014/4/2220:23:22

penn_y_1さんへ。

土地を持っている親戚さんの推定相続人がいるのかどうかにもよりますし、親戚さんとご質問者の親御さんとの関係にもよると思います。
親戚さんに相続人がいない、またはいたとしても本件土地の処分についてとやかく言われる可能性がない、という場合であれば、親戚さんと親御さんとの間で「死因贈与」の契約を結ばれたらいかがかと思います。詳細はネットで検索すれば分かると思いますが、親戚さんが生きているうちに、「自分が死んだら親御さんに土地をあげます」という贈与契約を結ぶ、という事です。当然、書面化しておく必要があるでしょう。贈与の一種ではありますが、課税上は相続税の対象となります。住宅用地くらいで、他にこれといった相続財産がなければ、相続税額はさほど高額にはならないと思います。
借地、という方法もありますが、よほど高額の地代を設定しない限り、借地権の贈与を受けた事になりかねませんから良策とはいいづらいと思います。時効取得という方法もありますが、今の時点では所有の意思を以って占有しているとは言えないでしょうから、時効が完成するのはいつのことでしょうかね?たぶんその前に親戚さんも親御さんもお亡くなりになっている様に思います。
身内間で売買した際、概ね路線価より大きく下回る様だと税務署は贈与税の対象に考えると思います。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる