ここから本文です

自動車は普通に10万kmくらい走るのにオートバイは走りません。

ノラ猫さん

2014/4/1820:02:39

自動車は普通に10万kmくらい走るのにオートバイは走りません。

オートバイで10万km走ったという人は少ないです。走ったとしても整備が大変みたいです。
自動車だと普通に整備していれば10万kmくらい普通に走ります。
バスやトラックは乗用車よりも長く走ります。
二輪車はなぜ自動車よりも寿命が短いのでしょうか?

補足ベトナムだとみんなバイクに乗っています。新車バイクの125ccが3年で壊れます。30年前の日本製中古バイクが15年乗れます。でも自動車は数十万キロ走った30年前の物でも普通に走ります。各位様回答いろいろとありがとうございます。

閲覧数:
1,057
回答数:
14

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kfj********さん

2014/4/2600:32:50

軌跡などが同じで、質実剛健が設計(耐久性)の基礎にもたらされるので、それは高い。
自動車モーターバイク半分の回転の平均数‥‥以来‥‥に関して、耐久性は、さらに半分として役立つ。
定期メンテナンスと毎日のマイル数は問題である。
時間の質問かもしれない。
さらに、ナンボーのバスおよび軌跡を実行するおよび実行する誤りは過度である。
バスと軌跡は金を得るために走っている。
言った「モーターバイク」はそのような使用のモーターバイクではない?
それは、それが単独で行えば、するだろう‥‥そりゃ楽‥‥あるいはろになるだろう。
エンジン載せ代用品はベトナムにおいて自然である!!!
それは永続性の

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/13件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

eit********さん

2014/4/2122:47:37

クルマとバイクの大きな違いは、エンジン・ギア・クラッチが分離しているか、一体化しているかなのです。クルマならそれぞれが別れているので、オイルを専用化することができます。でもバイクは、コンパクトにする必要があるので、一種類のオイルで全てをまかないます。

ゆえに「バイク用オイル」というものが存在し、クルマ用とは粘度などが異なります。

オイルやオイルエレメントを定期的にキッチリ交換すれば、余程ラフな扱いをしない限り10万キロは平気で持ちますよ。バイク便ライダーですが、仲間には推定100万キロのバイクもあるので……。バイクの寿命とケミカルは相関関係にあります。オイルやグリスのことを調べて、メンテナンスすれば随分と、乗り味なども変わるものです……。

gpz********さん

編集あり2014/4/2416:59:15

どうもはじめまして

バイクと四輪の耐久性
考えるに基本的耐久性の違いかと
他に回答していた人でカブを例にされてますがカブの耐久性は別物と捉えた方が良いと考えます
カブはピークパワーや最高回転数を低く抑えた設計で言わば自動車と同じ考えで造ってるので比較にならないです
通常二輪の耐久性が低いのは
耐久よりパフォーマンスを優先させてるからに他なりません(放置時間長いのもあるが)
最高回転数や排気量当たりの出力を見れば歴然です!
Egはその耐久性と最高出力は反比例の関係にあります
フレームや各部も軽快な走りの為にギリギリの設計にしています
コレは六輪(二輪四輪両方所持する人を呼んだり言ったりする)生活させて貰ってるからこそ分かる話なのですが
最新型や新式モデルの方が耐久性無い時がある事からも明らかです!
例えば私の乗る90cc原付より後の排気量が増え車体も大きくなったモデルが通常は耐久性が増えると考えるのが普通ですが
実際はマフラーの腐食が私のモデルより平均して早く進み後のモデルに関わらず私のモデルより早く姿を見掛けなくなりました
またリッターバイクも私のは鉄フレームで後継モデルはアルミフレーム
当初鉄の方が錆が出て耐久が低いのでは?と言う話が大多数でしたが
実際はアルミ車の方が腐食や溶接のヒビ等発生し耐久低かったと双方(新旧)乗ったオーナーズクラブの人も言ってます
これは何を意味するか?
四輪はモデルチェンジの際改良点として「耐久性向上」を盛り込みますが(最近のコストダウン車はその限りでありません)二輪は耐久性より「性能」(それも耐久性を犠牲にした上の)を優先した設計をしてる事を意味します

そう言う訳で
商品の性格上耐久性は二の次でまず「性能」(又はデザイン等)が来るのです
なおカブ等は「ビジネス用」と呼ばれ他の二輪と全く違います
トラック等も同様で質実剛健を設計の基本に持ってきますから耐久性高いのです

rzr********さん

2014/4/2010:12:21

新聞配達のカブは20万キロ以上走っとるぞ。
定期的なメンテナンスと日々の走行距離が問題。

val********さん

2014/4/1918:54:42

屋根付き車庫保管で、10年以内に10万キロ以上走るなら、普通の整備で何ら問題ないですよ。
ただし、普通の自動車と同じようなペースで走ることも条件の一つになりますが。
(車も峠ばかり走っていると寿命が縮みます)

多くのライダーは年間走行距離が短いため、車と同じ走行距離に達するまでに多くの年数を要するのがその理由ではないかと。

2014/4/1913:07:38

時間の問題でしょう。
二輪より四輪のほうが乗る時間が長いというだけです。
ツーリングはともかく、通常、距離乗るときは四輪を選びませんか。
そのほうが疲れないので。
なので、同じ距離を走ったとしたら、二輪のほうが時間(年数)がかかっているわけで。
整備が大変なのは、それだけ長い時間が経っているから。
三十年前の旧車と言われる二輪は結構あるけど、四輪は殆ど見かけません。
バスやトラックについては、板金が強いということもあるけど、ディーゼルなのでピストンスピードがガソリン車より遅いというのもあります。
ガソリンエンジンが6000回転のところを、ディーゼルなら3000回転とか。
当然エンジンの摩耗も半分となります。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる