ここから本文です

くら寿司vsスシロー、回転寿司屋の特徴的な違いを教えて下さい。

プロフィール画像

カテゴリマスター

てるてる坊主 てる坊主さん

2014/4/2113:00:02

くら寿司vsスシロー、回転寿司屋の特徴的な違いを教えて下さい。

知り合いがスシローで買って来てくれた寿司が美味しく、店で食事
するのが苦手な私は、まず持ち帰りで1貫189円の高めの中トロを
食べたのが最高だったのに、ただ4月に入ってメニュー変更した
105円の倍トロは美味しくなかった…。でも、2貫105円とピントロの
味が美味しすぎて、安くて腹一杯になるし、最近はカウンターでも
食べるようになりました。が、その横には「くら寿司」がありまして…。

全くのライバル店と知って、試しに入った時間が大混雑していて、
20分ほど待たされたけどスシローとはシステムが違って、ちょうど
目の前にオーダー品が止まって取りやすい便利さはあったものの、
シャリが貧相だし中トロ・ピントロも思ったほど美味しくなかったし…。

地域や店によって違うけど、くら寿司は「まぐろづくし」で持ち帰りが
可能で、ただ中トロは除外され、数は平等に2貫ずつ入ってるよう。

自分は偏食だらけで、まぐろ類・玉子・えび・穴子しか食べません。
ラーメンうどんデザート類は、試してみようかなと考えている所です。

くら寿司は繁華街に近く候補は2店あるけど、スシローは1店のみ。
今日は回答なければ、もう片方の「くら寿司」に行こうと考えてます。

電話は嫌いなのでFAX注文は両店とも不可で、くら寿司は携帯で
予約できるものの、カウンター席は受け付けてないので意味なし。
くら寿司の最後のゲームは不要だし、1分ほど待たされましたよ。

ガラ空きの場合、スシローはカウンターは即なのに、持ち帰りは
30分かかったり、くら寿司は混雑してても持ち帰りは10分だったり。


共通点は一つだけ。税込972円で腹いっぱい食べられた事でした。


・スシロー
http://www.akindo-sushiro.co.jp/

・くら寿司
http://www.kura-corpo.co.jp/

補足B.A.の文字数で書き切れないので、先に補足します。結局、今日は
くら寿司で、まず360円のWebにない無名の「醤油らーめん」を注文
したら、かけうどん(130円)が出て来る始末…。2分ほど待ったけど、
出て来るのか注文し直しか分からず、ピントロを注文して少しして
ラーメンが登場。麺類も流れて来るんですね。ピントロは注文した
のと流れて来た2皿、注文した鉄火巻で総額928円で腹一杯に…。
玉子だけやケーキは値段なく、説明書も無かったので調べたら
100円。確かにスシ以外も楽しめたので、今後も行こうと思います。

言い訳としては、FAXは確認の電話があるので私的にNGで、価格・
期間限定の件は、私の書き方が悪くて承知していました。それと、
30分かかる原因は「電話で注文も受けてるので」と聞いていました。

ただ、「まぐろ」の内訳は回答者サマの説明で事情を知る事が出来、
スシローの「鮪づくし」は完全に見落としてて、スシローの方が豪華
でしょうか。1貫あたりの値が違うので、バラで注文した方が安いか
計算して考えます。一つ聞き忘れたけど、サーモンって何ですか?
どんな味か分からなくて、今日も注文する事が出来ませんでした。

閲覧数:
114,230
回答数:
2
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

are********さん

2014/4/2121:01:15

くら寿司の社長は、かつてスシローで働いていたことがあるそうですから、自分でくら寿司を興すにあたって、スシローでのノウハウを取り入れているところは多々あると思われます。その一方で、スシローも、同じ大阪発祥の均一価格回転寿司チェーンとして、くら寿司を最大のライバルと見なし、店内揚げメニューやラーメンの導入など、互いに、よく言えば切磋琢磨、悪く言えば模倣し合っているだけなので、お客さまのニーズに合わせてご利用になればよろしいかと思います。

それぞれの特徴を挙げるとすれば、スシローはネタにカネをかけ、味を追求する反面、システムは二の次。くら寿司は、システムとキャラクター商戦に力を注ぎ、主として子連れ客をターゲットとしている、くらいでしょうか。ちなみにくら寿司が謳っている「無添」は、「四大食品添加物無添加」の意味であって、食品添加物を全く使用していないわけではありません。(逆に、寿司酢や酢飯等を調整する際に、四大食品添加物は使用しないのが普通であって、使用しているならその旨表示義務があるだけで、スシローやかっぱ、はま寿司等が添加物まみれではないことはご理解ください。)また、くら寿司は、なぜか酢飯に適さない新米にこだわっているので、しゃりがべちゃべちゃして美味しくない、という話はよく聞きますし、私も経験があります。私にとって、くら寿司は、平日ランチに天丼と、かけうどんで安上がりに済ませる店であって、寿司を食べに行く店ではありません。

なお、質問者様がスシローに関して誤解されている点がいくつかあります。

>1貫189円の高めの中トロを食べたのが最高だったのに、ただ4月に入ってメニュー変更した105円の倍トロは美味しくなかった

189円(現在は194円のはず)の中トロ(時期によって大トロ)は、「吟味ネタ」というカテゴリーで、本マグロが使われます。一方、4月の平日のみ販売されている105円(108円)の倍トロは、スシローで108円皿として、ほぼ定番化されているミナミマグロ中トロを、通常の倍の重さに切り付けたものです。今、吟味ネタに中トロ・大トロはラインアップされていないだけで、メニュー変更したわけではありません。また、ミナミマグロは、個体差があって、中トロではなく赤身としか見えないものがありますし、ミナミマグロより本マグロがおいしいのは一般人の感覚として普通ですから、美味しくなくなった、と感じられたのは、当たり前といえば当たり前です。

>地域や店によって違うけど、くら寿司は「まぐろづくし」で持ち帰りが
可能で、

スシローにも持ち帰りセット商品として、「まぐろづくし」はあります。今回のように倍トロキャンペーン中は、セット商品にも普段の倍サイズの中トロが入るし、時期によっては、大トロが入ることもあります。そもそも、まぐろづくしセットを始めたのは、スシローが先です。

>電話は嫌いなのでFAX注文は両店とも不可で、

スシローでは、約365店舗中、FAX注文不可なのは、ほんの数店舗のはず。公式サイトから、「お店の検索」をされて、FAX番号が表示されていたら、どうぞご遠慮なくFAXでご注文ください。その際、FAX注文用紙をサイトからダウンロードされると便利ですが、面倒なら、お手持ちの白紙に、品名(ワサビ入り・抜き)、数量(皿単位で)、お名前(カタカナでフルネーム)、お電話番号、ご希望の受取日時をご記入の上、送信していただいて結構です。ただし、FAX注文の場合、店側から確認の電話がかかってきますし、電話での確認が取れなかった場合、予約受付完了とはみなされないため、結果的にご迷惑をおかけすることはご理解ください。


>ガラ空きの場合、スシローはカウンターは即なのに、持ち帰りは30分かかったり、

お店の客席がガラ空きな時間帯は、スタッフの数も少なく、ひとりがオーダーを提供しながら、すでにご予約済の持ち帰り商品を調整していたり、別のお客さまからの注文電話を受けていたり・・・なんてことがあって、意外に時間がかかるものです。ひとえに店側が人件費を削りたいがためで、お客様にご迷惑をおかけすることになっては本末転倒も甚だしいのですが、108円で中トロや時には大トロををお出しするためには致し方ない面も否めません。席待ちのお客様が大勢いらっしゃる時間帯は、キッチンスタッフも充実しているので、持ち帰り調整にスタッフを回せるため、案外すぐにお渡しできるのは、スシローも同じです。どうか諸事情ご賢察のほどお願いいたしたく存じます。

質問した人からのコメント

2014/4/21 23:00:01

降参 超長解説ありがとうございました。おかげで、ほぼ全て理解・納得できたので、先に補足に書きました。二人目の方もありがとうございます

「くら寿司 スシロー どっちが美味しい」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

min********さん

2014/4/2122:44:17

味にうるさい人に言わせるとスシローの方がうまいようで、理由はシャリの酢の効き具合が良いらしいです。
スシローの持ち帰りの場合で、単品で3品ぐらいでも20分ぐらい待ち時間があるようです。
4~5人用の持ち帰りセットでも20分ぐらいなので不思議な感じがあり内情はよくわからないです。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる