ここから本文です

奨学金と貯金の話です。大学在学中に奨学金を借りる予定です。

四つ葉のクローバーさん

2014/4/2321:09:56

奨学金と貯金の話です。大学在学中に奨学金を借りる予定です。

しかし、奨学金だけでは足りないので、学業に支障が出ない範囲でアルバイトをするつもりです。でも私が採用されたと仮定して、詳しく計算してみると僅かですが、奨学金+アルバイトでの給料>学費となってしまいました。この場合、この差額を、私口座に貯金をするのはいけないことでしょうか?もちろん奨学金を借りている立場ですから、交際費や雑費は最低限慎むつもりでいます。しかし、万一の事態があった場合に、貯金はいくらばかりか積んでおきたいです。怪我をしてアルバイトが出来なくなったり、アルバイトを解雇されて収入が激減したときなどに、ある程度まとまったお金がないと不安です。また、在学中はアルバイトと学業に精一杯励み、目標とする職業に就けるように努力をしますが、100%就けるとは限らず、とても不安です。ですから、今までコツコツと貯めてきたお小遣いがある私口座に、上記差額を預け入れたいと考えているのですが、やはりいけないことでしょうか?
奨学金は全て学業のために使わなければいけないという思いと、在学中の不安と将来の不安のために、少しずつでもコツコツとお金を貯めるべきだという思いが交錯しています。これは私が幼い頃から貯蓄体質であったからだと思われます。
(ごめんなさい。知恵コインはこれが精一杯です)

閲覧数:
1,015
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ajp********さん

2014/4/2322:34:08

まだ17歳なのに大変堅実でしかも社会性があるので感心いたしました。
奨学金は勉学の為の費用であり、当然生活費は別途かかるので、いまからバイトして貯金しておくのは非常に重要なことです。
奨学金はいずれ弁済が必要なわけですから、いくらかでも弁済が楽になる体制をできるだけ早く整えておくに越したことはありません。
また何時如何なる時に生活事態が困窮しないとも限りません。
その時に、奨学金を勉学以外に用立てなければならないように生活費確保はしておく必要があります。
大学は授業料以外に大変費用が発生します。
教科書代、教科書以外の指定文献購入、ゼミ合宿、その他もろもろ…

両親が共稼ぎの家庭でも大変な時代です。

いまから貯金はしておきましょう。

卒論の時期にはバイトどころじゃないし、就活にはスーツ、靴、鞄、面接への交通費や写真代、バカになりません。

勉学がおろそかになったり、体を壊さない程度にバイトを頑張ってください。

また、時には大学とは全く別の教養を養う為の費用や、学生時代にしかできない時間の使い方(旅行など)も大切です。

人生を謳歌してください。

質問した人からのコメント

2014/4/23 22:53:37

回答をくださって、ありがとうございます。これは大学在学中に、奨学金+アルバイト>学費となった場合にはその差額を、万一の事態に備えて貯蓄に回しても良いということですね。そして高校生のうちからできるだけ、アルバイトをしておく必要があるのですね。私は今、推薦を狙っているので、 合格したら、アルバイトをし貯蓄をして、万一の事態に備えるようプールしておく予定です。もちろん勉強も頑張ります。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる