ここから本文です

株主総会で代表取締役を解任させることはできるのでしょうか?

ret********さん

2014/4/3023:32:16

株主総会で代表取締役を解任させることはできるのでしょうか?

また、株主総会で取締役が解任されたとよく聞きますが、これは公開会社だからできることなのでしょうか?

閲覧数:
708
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

inc********さん

2014/5/110:06:52

代表取締役も取締役のひとりですから、株主総会において解任することが出来ます。

会社法第339条(解任)
第1項
役員及び会計監査人は、いつでも、株主総会の決議によって解任することができる。

ただし、解任された取締役は損害賠償請求をすることが出来ます。

同法第339条、第2項
前項の規定により解任された者は、その解任について正当な理由がある場合を除き、株式会社に対し、解任によって生じた損害の賠償を請求することができる。

この件に関しては公開会社・非公開会社の区別はありませんので、非公開会社においてもすることが出来ます。


もう一つ、株主(一定以上の議決権を有する株主に限ります。)には、株主総会の招集を請求する権利(会社法第297条)や、議案の株主提案権(同法第303条~305条)といった権利がありますので、緊急動議を要求しなくても手順に沿った提案が可能です。

特例有限会社の場合には、取締役会の設置ができませんので、株主総会が唯一の決議機関になります。(取締役会の決議はあり得ないのです。)

質問した人からのコメント

2014/5/1 10:45:23

皆様ありがとうございます

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kua********さん

2014/5/107:09:17

回答しますね。
可能です。
会社法第341条に、「…役員を選任し、解任する株主総会の決議は、議決権を行使することができる株主の議決権の過半数(1/3以上の割合を定款で定めた場合にあっては、その割合以上」を有する株主が出席し、出席した当該株主の議決権の過半数(これを上回る割合を定款で定めた場合にあっては、その割合以上)をもって行わなければ、ならない。」と規定されています。
基本、株主総会決議です。上場/非上場を問いません。この会社法規定に即していれば、株主総会にて、代表取締役を解任させることができます。非上場であれば、最近「赤福」問題がクローズアップされています。
参考にしてください。

t22********さん

2014/5/105:51:43

株主総会というのは、報告事項と決議事項に分かれます。主に決議事項の中で、役員の選任。退任の決議をしますが、これは予め取締役会で決められたもの。それ以外の役員を退任させるには、質問の形ではできません。前もって全株主の賛同を得で、総会の議長に緊急動議を要求しなければなりません。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる