ここから本文です

タカラダニについて

kum********さん

2014/5/823:47:10

タカラダニについて

うちのアパートはベランダが白っぽい
コンクリートのため、タカラダニが
たくさんウジャウジャしてます(TT)

今日はとりあえず水を撒いたら流れていきましたが、また現れますよね?

あれはどこから発生するものなのでしょうか(/o\)?

また洗濯物にもつくと見ましたが、今日干していたタオルなどには付いてないようでした

タカラダニは飛ぶのでしょうか?
どうやって洗濯物までいくのでしょう?


無害とはいえども、とても気持ち悪いので
どうにかしたいところです....

閲覧数:
5,519
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nan********さん

2014/5/1011:16:51

タカラダニの生態
5月を過ぎた頃からマンションのベランダやブロック塀、庭のプランターなどに真っ赤なダニが
大量にウロウロしているのを目にします。これはタカラダニの一種です。
刺す、噛むなど直接的な被害はありませんが、見た目の不快感や潰すと赤く染みになり衣服を汚すといった問題もあります。
生態もよく解っていません。住宅周辺でよく見られる種はハマベアナカタカラダニと考えられています。成虫の体長は1.0~2.7mm程で、体色は黄褐色から赤褐色、暗赤色、体は多数の毛で覆われています。幼虫は体長0.3~0.4mmで、円形のものが多く、鮮明な赤色をしています。
タカラダニ類の成虫や若虫は樹上や落葉層中、コンクリート壁面などで自由生活を営み、活発に動き回っていますが、幼虫の大部分はアブラムシ・セミ・バッタ・アブ・クモなどの節足動物に寄生し体液を吸います。
成虫の餌は何かもよくわかっていないのですが
花粉を食べていることは確実なようです。コンクリート製の建造物にたくさん見つかるのは、コンクリートなど多孔質の材質にたまり、くっついている花粉や有機物を食べているのではないかと考えられています。

日本全国に分布し、発生の時期は5月から7月頃と限られています。
対処法
タカラダニ類は7月を過ぎた頃から(梅雨が終われば)自然にいなくなります。
一時的に駆除する場合は、スミチオンなどの有機リン系乳剤の散布で駆除できますが、屋外では雨などの
影響により残効性はそれほど期待できません。他にはホースの水の勢いで個体を洗い流すことも可能です。
屋内への侵入を防止する場合、残効性のあるゴキブリ用のピレスロイド系エアゾールを窓枠や玄関周りなどに
あらかじめ処理しておくと有効です。室内へ侵入してしまったものに対しては、掃除機で吸い取ると良いでしょう。
手で払ったり、ホウキで掃くと潰れてしまい、赤いシミの原因となるので注意して下さい。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる