ここから本文です

剣道 試合について

cco********さん

2014/5/1222:33:44

剣道 試合について

一般で剣道をしています。
大人になってから剣道を本格的に始めたような人は動きがかたく、
力が入っているように思います。

そして、試合に勝つこと=当てることだけに固執していく傾向があるように思います。
また、実業団の選手も自分から打っていくことはほとんどせず、
応じ技ねらいでした。
私は剣道を小学校低学年から始め、
ブランクがありましたが、
剣道歴13年です。

あまり自分から打っていく剣風の選手が少なく、
それをしとめることのできない私の力不足もありますが、
剣道の本質とは違っているように思います。
それともそんな相手に勝てるようになってこその剣道でしょうか?

皆さんはいかがお考えでしょうか?


一般で剣道をしている方、お願いします。

閲覧数:
465
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

アバター

ID非公開さん

編集あり2014/5/1400:42:54

こんにちわ。

剣道自体は、いろいろあってよいと思います。
本質や王道を追うのも良いし、趣味であっても、勝負にかけている当てっこであっても良いのではないでしょうか?

子供に対して、王道を押し付けて、試合に勝てず続かないというのはよくあるお話ですし、試合にばかりこだわっても同じ結果ですね。

最終的に、自分自身が続けられる剣道が、その人の本質だと思います。
しかし、いろいろなタイプの剣道をする人がいるように、それは人それぞれ違うものでしょう。
自分のこだわりを相手に押し付けたり、こだわりが強く固執してしまうのも、剣道そのものが楽しくなくなり嫌なものになってしまうかもしれません。
どんな相手にも、自分の剣道を曲げずに向かい合って、相手の剣道の良さも認めることが良いと思います。

打ってこない相手をどうするか?それは私も課題です。皆がみんな、自分からガチャガチャ打ってくる人ばっかりだったら、それはそれで稽古になりません。

私は、いろんなタイプの人と稽古を楽しむようにしています。見事に打つことよりも見事に返されたて打たれるほうが、稽古になるものですよ。

質問した人からのコメント

2014/5/19 15:25:17

なるほど、ありがとうございます。
私の剣道観を押しつけていたんですね。

私自身は、自分の剣道を貫き通していきます。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

dre********さん

2014/5/1314:45:58

たしかに云われる通り、一般から初められた方には動きが堅く、力み過ぎの傾向が強いです。
でもこれはいたしかたない。
少年期から初めると身体の成長と剣道の技術がリンクして浸み付き、相応した動きができるようになります。
よって少年期にそれなりに鍛えた方は長いブランクがあってもそれなりに出来ますし、一見してすぐに判ります。

さて、読むからに剣道の目的をどうお考えですか?
試合、勝ち負けは剣道の稽古法の1つにすぎません。
しとめる、しとめないという観点でなく自分の技を出し切る事。
剣道の本質は攻め、仕かけ技です。
正しい姿勢から、気迫を込めて機会と思ったら捨て切った技を出す、
もし応じたら返す、いかなる場合も縁を切らない等心がけて稽古する事に集中して下さい。
そして切り返し、基本打ちを徹底して土台を作り鍛え、上掛りの稽古で打たれながら練って御自分の修練をお積み下さい。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる