婚前契約所の作成について。

婚前契約所の作成について。 諸事情により、予定よりも早く入籍することになりました。 婚約者と話し合い、婚前契約所を作成することになっていましたが 行政書士や弁護士に頼むと期日が間に合いそうにありません。 作成し、公正証書にするということぐらいは知りません。 簡易的なものでかまわないので、自分で作成しようと思っていますが 法的効力のあるものにするには 気をつける点はありますか? 婚前契約はこちらが婿に取ることになり 先方の両親からの申し入れで こちらとしてもかまわないので批判的なご意見はご遠慮ください。 また項目には、結婚生活や貞操義務、扶養義務や相互協力 同居についての取り決め、万が一、離婚時の取り決めや慰謝料なんかの予定や お互いで決める方針です。 参考書籍やサイト、既婚者の方からのアドバイスや 公正証書としての手続き方法を知りたいのです。 よろしくお願いします。

補足

みなさんご回答ありがとうございます。 公正証書の変換間違いです。 両家の取決めですし、契約してもしてなくとも 4人に1人は離婚する世の中です。 だからこそ、破棄できない婚前の公正証書でと考えています。 不要なら、それはそれで幸せなことです。 契約書は自作途中なのですが書式や費用 そして、公正証書の必須事項など教えていただきたいです。

法律相談226閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

2

公正証書とは公証役場というところにいる公証人という人が作成するものです。 行政書士のHPで、あたかも行政書士自らが公正証書を作成するかのような表現をしているHPがありますが、公正証書を作成するのはあくまでも公証役場の公証人であり、行政書士は代書をしているだけに過ぎません。単なる代書に数万円を支払う人が後を絶ちません。公証人手数料だけで公正証書を作成できるのに、あたかも行政書士が代書しないといけないといった表現をしているHPにだまされないでくださいね。しかも代書料金のほうが高額だったりして、これでは行政書士は国家資格を持った詐欺師集団といってもよいであろう。

画像

2人がナイス!しています

その他の回答(3件)

0

婚姻(結婚)契約書だか何だか知らんけど、そんなもの交わさなければ結婚できないとは情けない『愛』がないんじゃな!それとも、よほどの資産家同士の政略結婚かな!何れにしろ、そんなもの交わして結婚しても幸せにはなれんよ!初めから離婚前提じゃないか?そんな契約書、気休めぐらいで何の法的根拠も拘束力もない無意味なもんじゃ、有効なのは婚姻前と、離婚したときだけじゃ、婚姻中はいつでも取り消せるんじゃよ!

0

まず”婚前契約所”と言う役所?は有りません。 近くの公証人役場に行って”公正証書”にすれば、いざという時の裁判の判決と同等の効力を持ちます。 当然、違反が有った場合のペナルティーを明記する必要が有ります。 書式は、ある程度の制限は有りますが、割と自由です。 ただ、双方の実印の捺印は必要ですので、双方の合意は必須です。

0

補足 じゃあご自由に。無駄だと気づくのは離婚のとき。 法律で認められる権利や義務は元から保護されるし、認められないものは保護されない。 婚前契約書なる書面は行政書士あたりがさもなんらかの効力があるかのように宣伝し、顧客獲得をして利益をあげようとしているが、所詮作ったことで自己満足出来る書面に過ぎない そもそも立派な書面があれば、守らないと孫悟空の頭の輪っかのように、何らかの身体的苦痛が起きてみたり、約束を破ろうとも思わなくなる催眠術がかかることもない