ここから本文です

水銀柱と大気圧についての質問です。 水面より上の部分の水銀の重さ、圧力と ...

zin********さん

2014/5/1817:53:27

水銀柱と大気圧についての質問です。

水面より上の部分の水銀の重さ、圧力と
大気圧がつりあっている

と理解しているのですが

①水銀柱が太くなればなるほど
水面より上の部分の

体積が増え
760mmより短くなるのか?

②大気圧はどの面積にかかっている
大気圧なのか

水銀柱と同じ面積に
かかっている大気圧なのか
水銀柱のまわりの水面上に
かかっている大気圧なのか
それならプールで実験すれば
水銀柱は760mmより高くなるのか


ここらへんが妙にモヤモヤしています。
回答よろしくお願いします。

閲覧数:
222
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

rc4********さん

2014/5/1819:09:57

①短くなりません。同じです。
②大気が接している面にかかります。

①の設定を、「760mmの細い水銀柱をいっぱい集めて、間の壁がとられた」と考えれば、各水銀柱の側面の力(圧力)はすべて等しいので”つり合い状態”ゆえ考慮の必要なし。鉛直方向は特に変わらず。よって水銀柱の高さが変わるわけではないと感じられると思います。
②のプールの実験は①の水銀柱が太くなる場合と変わりません。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる