ここから本文です

李成愛、チョーヨンピル、桂銀淑とか まだ反日感情が強くなかった時代に 日本で...

manna552さん

2014/5/2119:18:11

李成愛、チョーヨンピル、桂銀淑とか
まだ反日感情が強くなかった時代に
日本でヒットを飛ばした韓国の歌手たち。

韓国内での現在の評価はどのようなものでしょうか。
やはり親日として批判されているのか。

個人的には

李成愛が好きでレコードも買った記憶あり。
カスマプゲとか。

閲覧数:
3,506
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yeongranjpさん

2014/5/2303:42:36

李成愛、チョーヨンピル、桂銀淑、この3人は全く異なります

親日として批判されるかに付いては、 桂銀淑を除き批判される事は無いはず。桂銀淑は日本での活躍が主体だったのですが、それがどの様に影響しているかは不明です。 チョーヨンピルが親日ならば、あれだけの人気は出ないでしょう。
現在の歌手としての評価ならば、李成愛は対象外、チョーヨンピルは現役で超一流、桂銀淑は人気なし。

李成愛(イソンエ)は韓国で活躍し、日本でも愛された歌手。結婚後は歌手を廃業したので、歌手生活は短く、韓国でも若年層では、知らない人も多い。日本語で歌った曲も有ると言う点では、他に梁秀敬 (ヤンスギョン)もそうだろう。

桂銀淑(ケイウンスク)は日本で活躍し、韓国でも歌手生活を行った。主に活動を行っていたのは日本です。覚せい剤取締法違反により、現在は日本への入国は不可で、日本での活動は行っていない。この様な歌手は他では例を見ない。韓国以外では欧陽菲菲やアグネスチャンなどが、日本で活躍した歌手として挙げられます。

趙 容弼 (チョーヨンピル)は韓国を代表する歌手。日本での活躍は僅かです。その僅かでさえ日本での知名度は高い。韓国では「国民的おじさん」と形容されるべき人物。
同じ様に日本へ進出している歌手は多い。但し韓国が主体である。この様な歌手として、羅勲児(ナフナ)太珍児(テジナ) 玄哲(ヒョンチョル)など。女性では 李美子 (イミジャ)周炫美 (チュヒョンミ)なども日本を訪問していたと思います。いずれも日本語の歌は殆ど歌っていません。

姜修智(カンスジ)は歌手であるが、日本では歌手活動は行わず、芸能のみだったと記憶しています。
日本では大川栄作や天童 よしみ が韓国関連の歌を歌っております。
韓国の曲では「カスマプゲ」「釜山港へ帰れ」「流されて」(腕に 爪の傷あとを♪)などが日本語で歌われています。臨津江 (イムジンガン/フォーク クルセイダース)は北韓の歌です。

最後にカスマプゲは、南珍(ナムジン)の歌。カスマプゲは多くの歌手に歌われ、李成愛のカスマプゲも良く聞かれます。恐らくカスマプゲの歌詞が女性向きなのに対し、南珍は男性歌手で李成愛は女性歌手であるためと思います。

質問した人からのコメント

2014/5/23 12:16:46

お詳しく教えて頂き感謝です。

イビヨル(別離)とかも良い曲ですよね。
日本人の心の奥に響くような気がします。
深い関係を持ってきた国なのだと痛感します。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。