ここから本文です

コマツミニユンボ pc03-2のゴムクローラーの交換方法を教えてください。

yak********さん

2014/5/2319:31:53

コマツミニユンボ pc03-2のゴムクローラーの交換方法を教えてください。

3年ほど前、ヤフーオークションでコマツpc03-2を落札しましたが、最近クローラーのひび割れがひどく、今にもちぎれそうです。
修理を頼む所もなく自分でするしかありません。取り換え方法を教えてください。
また、クローラーはヤフーショッピングで購入しようと思っています。pc03-2に適用と明記されていれば装着可能ですか。よろしくお願い致します。

補足kouitiさんの指示どおりキャタを持ち上げて真ん中あたりの蓋をあけてみましたがグルスニップルらしき物が見当たりません。その代わり車輪を前後さすようなネジがあります。これだけで調整するのでしょうか。しかし、サビついてうごきません。ご指導よろしくお願い致します。

閲覧数:
3,958
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kou********さん

編集あり2014/5/2717:44:54

はじめまして。私は古い型ですがコマツPC40のキャビン付きの鉄キャタ仕様を所有していました。

やたら基本構造は変わらないと思います。

キャタが外れるとそのまますんなり入りませんので、まず駆動ギアが付いていない方の誘導輪の油圧シリンダーを緩めます。

やり方は、緩める方のキャタ側に腕を突き、足を浮かせてから足の真ん中辺りにある蓋を開け、グリスニップルを全部取り払います。それから一度足を地面に付け、バケツの裏か爪で誘導輪を押し、ガッツリ誘導輪を戻します。その時、グリスが強く飛び出たりしますので気を付けてください。それからもう一度、少しだけ足を上げ、キャタを外します。誘導輪をかなり戻しておけば入れる時は簡単に入ると思います。
キャタが完璧に入ったら、グリスニップルを付けてゆっくりグリスを入れつつキャタの張り幅を調整したら出来上がりです。PC30位なら簡単に変わります。キャタは長さがあるので全長などは図った方がよいと思います。

補足です。誠に申し訳ありませんが、私はそのタイプのキャタの調整はしたことがありません。
要するに、駆動ギアの付いていない方のフリーの誘導輪が戻れば交換できるので。
ヤキが入っていないボルト類のサビは、ガスであぶったらサビが取れますが、私は自分のユンボならやりますが、脚周りなので余りオススメできません。

近所に個人でやっている重機の修理屋さんはいませんか?

それか、重機をリースしている店はありませんか?
リース屋さんは自社工場で修理したり、外注へ出したりするので精通していると思います。

最悪、重機を回送している運送屋に修理屋を聞けば教えてくれると思います。

修理を依頼するならそれでよし、自分で直すならとりあえず各関係業者に知恵をもらって直してみては?

質問した人からのコメント

2014/5/30 10:10:19

ありがとうございました。小松製作所の営業所へ相談に行ってきました。こころよく引き受けてくれました。さすが一流企業です。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる