ここから本文です

潰瘍性大腸炎とその合併症の脊椎炎でプレドニゾロン5ミリを内服 リンデロン1ミリ...

sak********さん

2014/6/211:48:30

潰瘍性大腸炎とその合併症の脊椎炎でプレドニゾロン5ミリを内服 リンデロン1ミリを座薬として使用しています。
薬剤アレルギーがあるのでペンタサ等が使用できず、ステロイドと湿布に頼っています。

4月に痔のオペをして以来、大腸炎と関節の痛みが悪化。
リンデロン座薬はこれまで3日か、2日に1回の割合で使用したことは
ありますが、毎日の使用ははじめてです。

主治医からは「リンデロンはステロイドの含有量は多いけれど、座薬は主に局所に効くもので、
身体への副作用は少ないはず」と説明を受けています。

プレは内服歴6年、リンデロンはここ一年前より使用しています。

今後の問題として関節の壊死などが心配です。

リンデロン座薬の影響の強弱など、教えていただきたくよろしくお願いいたします。

閲覧数:
387
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nsu********さん

編集あり2014/6/315:45:36

最近はイムランとペンタサ注腸のおかげでリンデロン坐剤のお世話になっていませんが、昔はかなり使っていました。
数えていませんが、累計で1000個は超えていると思います。 多い時は2個/日。
実感されていると思いますが、リンデロン坐剤は中身が油状なので接触している患部以外には広がりにくい様に感じます。
下痢していると割とさっさと出てしまうものですし、どれだけ吸収して全身にまわっているかはなかなか判らないでしょう。

個人的な使用感としては、リンデロン坐剤が全身に影響している感覚を感じたことはありません。
プレドニンはもちろん、プレドネマでもステロネマでも「あっステロイドが効いてる」と感じるタチなのですが。
もちろん他のステロイド剤を使っていない状態での話です。
私の主観だけなのであまりあてにはなりませんが。

昔、主治医からリンデロンはプレドニンに比べ塩類への影響は少ないと聞いたことがあります。
そのかわり副腎へのダメージが大きいとか。
つまり、関節とかムーンのリスクは小さいけど離脱が難しいという事ですね。

薬の特徴より吸収量の方が影響が大きいので、「リンデロンだから・・」と言う話にはならないと思います。

プレドニンを飲んでいるなら、それ以上の影響は考えにくいでしょう。
どうしても気になるなら、内服とは副作用の出方が違うので、ペンタサ注腸や坐剤もありますが・・・

余談ですが、プレ歴6年だと総量もかなりになっていますよね。
オペの話は出ませんか?
私もプレ総量14000程なので、「次に重い再燃したらオペね!」と言われています。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる