ここから本文です

S/PDIFの仕様について教えてください。 WAVファイルを読み出しS/PDIFを出力するプ...

zuu********さん

2007/10/620:54:07

S/PDIFの仕様について教えてください。
WAVファイルを読み出しS/PDIFを出力するプレイヤを考えています。
リニアPCMを流せるようですが、実際にはどういったデータを送ればいいのか、情報あればご教示下さい。

S/PDIFの仕様など、情報がなかなか見つかりません。
りにあPCMのデータ本体にヘッダなどの情報をつけたのがWAVファイルの(一番一般的な)フォーマットかと思いますが、
S/PDIFに流すデータがどういったものか、イマイチわからないのです。
S/PDIFの仕様の場所や作成例、アドバイス、ご意見などなんでもかまいませんので、ご教授頂けたらと思います。
よろしくお願いいたします。

補足>>lafyubyupelさん
回答ありがとうございます。

FPGA、マイコンを用いて、SDカードからWAVファイルの読み込みをしつつ、
WAVファイルの音データ部分をS/PDIFに変換し出力したいと考えています。
素人考えですが、S/PDIFもリニアPCMを送信できるようなので、WAVのリニアPCMと簡単に変換できるのではと思ったのですが…

閲覧数:
10,408
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

laf********さん

編集あり2007/10/922:19:46

http://www.tritech.tv/column/cp1201.html

http://www.tritech.tv/column/aesebu.html

http://www.k3.dion.ne.jp/~kitt/craft/audio/er_count/index.html

http://www.k3.dion.ne.jp/~kitt/craft/audio/er_count/c_stat.html

http://www.cec-web.co.jp/technology/super_link.html

http://www.infonet.co.jp/apt/March/syllabus/Literacies/AV/gallery/G...

書籍はこちらに10ページほど「DAI」についての解説がありますが
現在は絶版のようですね。
県立以上の規模の図書館や工学部のある大学の図書館でなら閲覧可能でしょう
おそらく。

http://www.cqpub.co.jp/trs/trs63.htm

それから

「SPDIF」伝送のポイントは
「バイフェーズマーク伝送方式」
と思われます。

追記

その後発見

http://www13.plala.or.jp/kymats/study/MULTIMEDIA/load_wave.html

http://ccrma.stanford.edu/CCRMA/Courses/422/projects/WaveFormat/

追記 その2

さて本題に入ります。
「SPDIF」フォーマットでデジタルオーディオデータを「外部DAコンバーターユニット・セット」などに出力する場合
「DAIインターフェーストランスミッターIC」を使用するのが一般的です。

http://www.asahi-kasei.co.jp/akm/japanese/product/ak4103a/ak4103a.h...

http://www.asahi-kasei.co.jp/akm/japanese/product/ak4103a/ak4103a_f...

上記のICに「裸の?」PCMオーディオデータと「ビットクロック」「ワード(LR)クロック」を入力し
所定の設定を行えば
内部にある「バイフェーズマーク」変調器によって
「DAIのSPDIFフォーマット」に準拠した形態のデジタルオーディオデータが出力されます。
ハード的にインピーダンス整合(75オーム)のため
固定抵抗器やコンデンサー
そして必要に応じてアイソレーショントランス(パルストランス)を介して
RCAピンコネクターなどから出力させることになります。
つまりこの部分では
ソフトウェアによるプログラマブルロジックICなどを使用しなくても
「ハード・ロジック」(?)のみでSPDIFフォーマットのデータが得られる訳です。

同様のインターフェースICは「テキサスインスツルメント」「シーラスロジック」にも製品があります。
因みにメーカー製のデジタルオーディオ機器では「シーラスロジック」が多用されているようです。
AD/DAコンバーターチップは「TI」や「旭化成」の方が使用率は高いのですが
インターフェースICに関してはシーラスロジックが人気のようですね。何かアドバンテージがあるのでしょうか?。

それぞれのメーカーサイトで「仕様書・データシート」が閲覧できます。シーラスとTiは海外メーカーですので英文になります。
旭化成は和文でなおかつ結構「参考書」的な使い方もできる
ある意味大変ありがたい「技術的資料」ともいえるのではないかと。
このようなICの「運用手引き解説参考書」的なものって
一般の工学系参考書では「わたしは」お目にかかったことがありませんので。
もちろんTIやシーラスの仕様書も英語が堪能な方であれば参考になるかと思われます。

ただ皮肉にも日本メーカーの「旭化成」のICは個人では入手が難しいでしょう。
むしろ海外メーカーのTIやシーラスの方が海外のネット商社「Digi-Key」で1個から購入出来ます。

さて次にそれでは同様に
「WAVEデータを入力して裸のPCMオーディオデータを出力してくれるようなロジックIC・LSI」
の製品が存在すれば話は早いのですが
その分野(?)についてはわたしは詳しくありません。
一応TIやAKMのサイトを見てみましたが以下の製品がそれにあたるのでしょうか?。

http://focus.tij.co.jp/jp/lit/ml/sprt352/sprt352.pdf

上に述べたような「WAVE(AIFF)-PCMオーディオデータ変換IC・LSI」
の製品をご存知の方がいらっしゃいましたら教えて下さい。よろしくお願い致します。


メーカー製の「メモリーカードWAVE(BWF)ファイル録音再生機」は結構ありますので

http://www.soundhouse.co.jp/shop/SearchList.asp?i_type=c&s_category...

専用の変換IC・LSIの製品が存在してもフシギはないのですが・・・。

わたしはプロムラミングに関しては全くのド素人ですし
回路設計の専門家でもありません。
むしろアナタの方がずっと精通なさっているのではないかと存じます。
LSIを使用するかマイコンとソフトウェアで変換するか
どちらがコストあるいは手間的に有利なのか
わたしには判断が出来ません。

実はわたしも以前同様のことを考えていたことがありました。
「メモリーカードオーディオプレーヤー」ですね。
上記のメーカー製のレコーダーを使用すればよいのですが
10万円以上しますし
「「再生専用機」で5万円くらいのものがあったらいいのに」
などと考えて居りましたので。

例によって下手な説明で大した参考にもならないかもしれませんが
わたしも個人的に
あなたがこのプレーヤーを完成なさることを期待して居ります。
頑張ってクダサイ!。

質問した人からのコメント

2007/10/10 01:27:19

降参 丁寧に解説頂き、ありがとうございます!
非常に参考になりました。完成形が見えてきました。
WAVファイル読込⇒PCMデータはFPGAで対応できそうなので、DAIでS/PDIF変換すればできそうです。
この度はどうもありがとうございました。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる