ここから本文です

金鉱山やダイヤ鉱山がテーマの小説ありませんか?

nin********さん

2014/6/618:33:11

金鉱山やダイヤ鉱山がテーマの小説ありませんか?

閲覧数:
146
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

iri********さん

編集あり2014/6/913:43:07

マイケル・クライトンの「失われた黄金都市」はいかがでしょうか。


マイケル・クライトンはテレビドラマ「ER」の原作者で
「ジュラシック・パーク」「タイムライン」なども書いています。

「失われた黄金都市」は 原題は「Congo」
1995年に コロムビア映画により映画化もされています。

内容は…
コンピューターの能力を飛躍的に向上させる鉱石ブルー・ダイアモンド。その鉱脈を求めてコンゴの奥地に分けいった調査隊が何者かに全滅させられた。隊から最後に送られてきた映像には、ゴリラに似た動物の姿と奇妙な建築物の影が。実はこの地には、繁栄を誇った古代文明の伝説があった。真相を究明すべく、女性科学者ロスは第二次調査隊を組織、手話のできるゴリラをともない現地に飛ぶ!ハイテク時代に放つ秘境冒険小説 (内容紹介より)


参考までに…

失われた黄金都市 (Hayakawa novels) [単行本]
マイクル・クライトン (著), 平井 イサク (翻訳)

出版社: 早川書房
ISBN-10: 4152075317
ISBN-13: 978-4152075314
発売日: 1982/11



文庫版もあります。

失われた黄金都市 (ハヤカワ文庫)
マイクル・クライトン (著), 平井 イサク (翻訳)

出版社 : 早川書房
ISBN : 9784150405878
発行年月 : 1990年07月


・・・

19世紀末・クロンダイク地方のゴールドラッシュ
(クロンダイク・ゴールドラッシュ)時期の
カナダ・ユーコン準州での厳しい環境を背景としている作品に

ジャック・ロンドンの「野性の呼び声」(「荒野の呼び声」)
それと対照的な話の「白牙」(「白い牙」)という作品があります。

どちらも 翻訳者、出版社 様々な版があります。


内容は…

【参考】Wikipedia「野性の呼び声」
飼い犬であったバックは、カリフォルニア州ののどかな屋敷から誘拐され、そり犬として売られて苛酷な運命にさらされる。本作品は、バックがその環境変化の中で、人間および他の犬とかかわり方を学び、極寒の自然の中で生き残る戦いを描いている。彼は本能に頼り、尊敬され恐れられるリーダーとなる。最終的には、最後の飼い主が死亡した後に、彼はうわべの文明を完全に捨てて狼の群れに合流し、インディアンに幽霊犬と呼ばれ恐れられる存在となった。


【参考】Wikipedia「白牙」
この話は 19世紀末のアラスカ州はクロンダイク・ゴールドラッシュの時代を生きる 狼犬がカナダの ユーコン準州 の判事の家で飼われるまでを、狼犬の視点で描いたものである。そうすることによって、ロンドンは動物が人間や自分たちの世界をどのように見ているかを体験させることができた。 この作品は、同じ作者の、飼われていた犬が誘拐されたうえに野生化する『野性の呼び声』とは対照的な話となっている。

この作品には、自然界の残酷さだけでなく、『文化的そうな』人間たちの世界の残酷さも、等しくかつ時には具体的に描写しており、道徳や贖罪といったものがテーマに含まれている。




なお 2014.06.07より 質問及び回答への
URL付き投稿ができない状態になっていますので
参考URLなしで回答させていただきました。


参考になりましたら幸いです。

質問した人からのコメント

2014/6/11 19:27:28

感謝 ありがとうございました。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる