ここから本文です

新築2年目ですが、キャタピラー教習所が真裏にあり、耐えれないくらいの騒音と振動...

mil********さん

2014/6/2508:35:01

新築2年目ですが、キャタピラー教習所が真裏にあり、耐えれないくらいの騒音と振動で大変困っています。

新築を建てるときに後ろに高い塀があり、「この後ろはなんですか?」と建設会社の人に尋ねると、
「工場ですよ。機械をたまに洗ったりするくらいで静かですよ。」と言われ、安心して家を建てました。
私たちももっと下調べするべきでしたが、完璧に死角になっており、地元ではないので気づきませんでした。。。

住んでしばらくすると震度1-4くらいの振動、機械の騒音でとてもびっくりしました。
調べるとキャタピラー教習所でした。
その時はまだ我慢できましたが、子供が産まれてからはとても迷惑に感じています。
やっと寝かしつけても振動、騒音で起きて泣くことも少なくありません。
その振動騒音に合わせて犬も吠えるのでさらに大変です。

調べていなかったのが悪いと言われればそれまでかもしれませんが、私たちは少なからず「後ろはキャタピラー教習所です」
とは一度も聞いていません。騒音がすごいとも全く聞いていません。

今は折角家を建てましたが、引越しも視野にいれています。
しかし、もし引越しするにしても納得いかないです。

どんなことでも結構ですので、アドバイスいただけないでしょうか?
(批判的な意見はやめてください。自分たちの非もわかっています。)

閲覧数:
431
回答数:
2
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hei********さん

2014/6/2508:46:12

土地を購入の時に「宅地建物取引主任者」から「重要事項説明」の説明を受けてるはずです、その時の説明(ウソ、隠し事)によっては、「宅建業法」違反(告知義務違反)として、賠償責任に抵触します。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

dam********さん

2014/6/2511:14:37

言ったとか言わないとかでは証拠になりません。
購入するまでには、何度もその場所に来ていますよね。
隣が教習所ときずかなかった。騒音にもきずかなかった。
と主張してもかなりの無理があると思いますし、
損害賠償請求しても、かなりの過失相殺されわずかな
額となり、満足は得られないと思います。
一応、土地の売主に重要事項説明書で重大な環境に関する問題が
あると説明を受けなかった。これは重大な環境の瑕疵にあたるので
瑕疵担保責任を果たしてくださいと言ってみたらよいです。
不動産会社は引き渡しから2年間瑕疵担保責任を負います。
建物の不具合とかだけでなく、心理的瑕疵も含まれます。
隣が大きな騒音・振動を発生させる教習所とは知らなかった。
知っていれば買わなかったと訴えますと言ってみたらよいです。
2年以内ですから早めに行動しましょう。
まずは、弁護士に損害賠償の可能性を相談・確認したら
いかがでしょうか。相談だけなら1万程度です。
個人的見解は、最初に書いたように、知らなかったとは
信じられないので瑕疵には当たらないと思います。
売却する場合は、そのようなトラブルを防ぐために、
売却依頼をする不動産会社に、きちんと買主に隣が教習所だと
説明してくださいと言いましょう。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる