ここから本文です

美大志望の高3です。

riu3221さん

2014/6/2521:39:05

美大志望の高3です。

金沢美術工芸大学の油画学科を志望しています。

ところが私の住んでいる地域は地方なので、予備校が存在せず、金美に合格できるかどうか、とても厳しい状態です。その上私の現時点でのデッサン力は初心者並みです。(石膏デッサンはこれまで3回しかしたことがありません。)

もちろん、どんなに素晴らしい予備校に通ったところで合格できるかどうかは自分の努力次第なのは、理解しています。浪人生がうじゃうじゃのところで、初心者がこれから頑張ったところで厳しいものは厳しいのも承知しています。
しかしそれでも金沢に行きたいという気持ちがあります。

現時点での私の選択肢(?)はこんな感じです。

①学校の先生。多摩美術大学油画学科卒です。先輩には多摩美、武蔵美のデザイン、秋田美大に合格した方がいます。

②隣町の絵画教室。入会金無料で月五千円です。合格者は秋田美大、東北芸術工科大学です。

③自宅から100キロほど離れたところにある絵画教室。入会金1万円で1回五千円です。先生は芸大卒だそうです。しかし家からあまりにも遠く、片道一時間半で往復交通費が二千円ほどかかる上、月に1回ほどしか通えません。いくら芸大卒とはいえ月一回に通う意味があるのかどうか……

④どばたの通信講座。美大生を1番輩出していらっしゃるすいどーばた美術学院さんですが、果たして通信で金沢に合格できるのか心配です。案内についていた合格者の声みたいなコーナーを読んでみましたが、その方は通信講座の他に地元の予備校に通っていらしたようですし、多摩美のデザイン合格でした。しかし私の高校の卒業生は予備校に一切通わず多摩美や武蔵美のデザインに合格したかたがちらほらいらっしゃいますし、先生も学科がある程度取れていればデザインある程度描ければ合格できるとおっしゃっていましたので、ほんとに大丈夫か??みたいな気持ちがあります。

私の家庭では金銭的な面で厳しく、あまりあれもこれもとお金はかけれません。(②~④は都会の方からすればどれも安い方かもしれませんが、田舎暮らしの私の家庭ではどれも家計を圧迫してしまいます)また、同様に浪人生になってまた来年美大を目指すことも出来ません。完全一発勝負です。

学校の先生にはもちろん大変お世話になる気でいます(^_^;)
その他の②③④を選択すべきなのか、選択するならば、どの選択をするのが1番有効なのか、回答どうかお願いしますm(_ _)m

閲覧数:
1,018
回答数:
5
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kap********さん

2014/6/2717:24:20

受験対策なら通信は絶対だめです。
通うのに何時間も描けるのも時間がもったいないので問題外です。
ビシバシ鍛えてもらいたいなら①と②を併用するのをお勧めします。
でも、メインの先生は誰か、しっかり決めてください。
先生を複数持つとどこかで必ず意見が割れます。そうしたとき迷って迷走しないよう、参考程度にとどめて聞き捨てなければなりません。
どの先生を受験対策のメインの師匠にするかは、この書き込みだけでは的確にアドバイスできません。
一般論からいえば学校の先生にしっかり教えてもらえればいいけど、受験対策の経験が少ない人では親身になってくれないかもしれません。
市井の絵画教室でも受験対策も引き受け手られて美大へ合格ラインまで引き上げてくれる先生もいます。
しっかり自分の希望と目標を忌憚なく話せて受験まで信頼してついていける人を師に選んでください。

質問した人からのコメント

2014/6/28 16:32:25

みなさんご回答ありがとうございました。
ベストアンサーは、私の質問に1番答えている方にしました。しかしどの回答も非常に参考になりました。

受験までの残りの時間で、精一杯努力し尽くしたいと思います。
ありがとうございました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

hah********さん

2014/6/2614:04:54

力があるのかどうかで可能か不可能かを判断するのが受験ですから、自分の作品も見せずに受験の質問をするのははっきり言って時間の無駄です。

あなたの競争相手がこの瞬間に今どういうことをやっているのかを知るだけでも、まずモチベーションが変わると思いますから、すぐにでも予備校の見学に行った方がいいでしょう。

親御さんに見学のための交通費くらい出してもらって下さい。こんな所で回答を待っているより、よほどいいと思いますよ。

多分、学校の先生も多摩美や他の美大の受験の経験があるわけですから、その辺はわかっているはずです。

とにかく身近にいる高校の先生に相談することと、いくら遠方でも予備校の講習会に参加する手だてをさがしましょう。

先に回答している一番目の方と三番目の方の意見も参考になります。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

miztさん

2014/6/2613:39:55

とりあえず1と2を活用しておいて、まあ落ちるでしょうが受かったらラッキーくらいのつもりで。

落ちたらすぐに気持ちを切り替えて、東京や大阪で一人暮しをしながら、レベルの高い予備校に通うのが最もベターかと。
家にお金がないのなら借金してでも通ってください。予備校がないほどの田舎者はそうするしかありません。事実そうしている浪人生も多くいます。

志望校を落とすならもう少し選択肢はあります。横美や大芸に変えることです。そうすれば1と2でも何とか入れます。
国公立よりは高いので奨学金など背負う必要はあるかもしれませんが、多摩美やムサビほど高額ではありませんから、返済もそこまで厳しいものにはなりません。
先に借金をするか後に借金をするかの違いでしかありませんね。

はっきり言いますが貧乏人はとても不利です。美大に入るのも入ったあとも卒業した後も。
私も相当苦労しましたし、現在でも奨学金という名の借金の返済をつづけています。
それなりの覚悟は必要です。受験なんて最初のハードルでしかありません。
後期の学費が納付できなくて退学しかけたこともありました。昼も夜も働いて何とか納付しました。
翌年から奨学金を増額しました。それでも学費以外にもいろいろと出費がありアルバイトをやめることはできませんでした。
美大を出たあとつくような専門職は最初は見習いで、フリーター程度の給料しか貰えませんから、奨学金の返済がすぐスタートできず猶予制度を使いました。
そのせいでおっさんになった今もずっと返済しつづけています。返済を終えるのは40代の後半です。

yet********さん

2014/6/2612:26:01

何はともあれ、十分に学校の美術の先生と相談です。
先生に見てもらうのも方法でしょう。
また、金沢美術工芸大学の油画学科へ進学した先輩を訪ねるのもよいでしょう。
いわゆる予備校に行かなくても、受かる人は受かります。
デッサンの大切なことは、
ものの見方です。
これができないと表現もできません。
清水の舞台から飛び下りる唯一のチャンスと思って真剣にやってください。

asu********さん

2014/6/2610:43:54

今の時期で石膏デッサンさえ習っていなければ、どんな予備校へ通っても現役合格は不可能です。受験対象のレベルを下げても、基礎技術の無いままでは、入学できても授業料の無駄使いで終わってしまいます。
予備校や大学でデッサン・絵画を参考作品として買い上げられる様な学生でも、純粋に美術だけで食っていける人は僅かです。
現役合格を目指すには遅すぎるし、受験に対する覚悟もあまり無い様に感じられます。
昔は社会全体が貧乏で、新聞配達や土木工事をして、自力で芸大に入った人も沢山知っています。出来ない理由ばかり羅列しないで、浪人できる方法を考えてみたら。それが出来ないなら、別の進路も考えた方が無難です。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる