ここから本文です

コンクリート土間の上に、DIYでガレージを造ろうと思います。 ガレージというより...

nek********さん

2014/7/115:50:57

コンクリート土間の上に、DIYでガレージを造ろうと思います。
ガレージというより、単なる屋根だけですが。

これの柱は、杉材で90*90を使おうと思います。

コンクリート土間への固定は、150*150の羽子板付きピンコロの上に柱を立て、ピンコロと柱はしっかりと固定されます。
が、ピンコロとコンクリート土間の固定は、コンクリートボンド(接着剤)を塗っておけば強風でずれたりすることは防げますでしょうか?
それとも、コンクリート用接着剤って、そんなに強力なモノではない?

柱以外の骨組みは、30*30の松材。屋根はプラスチックの波板です。

ピンコロの固定は接着剤でよいのか、又はL字金具等でコンクリートにアンカーで固定した方が良いのか。
L字金具でピンコロを挟み込むことはできますが、それだけでも不安です。
いっそのこと、木製の柱とコンクリート土間の間には、基礎パッキンをはさみ、L字金具で柱とコンクリート土間をL字金具で固定した方がよいでしょうか。
雨に濡れると、木は傷むので、少しでも高く浮かせたいところですが・・・

アドバイスをお願いします。

閲覧数:
3,524
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nii********さん

2014/7/116:10:36

ボンド程度では、風で飛ばされますよ。
アンカーで固定しないとまず強度は出ません。

建物大きさによって建築確認が必要になりますよ。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

cn9********さん

2014/7/213:48:49

セルフビルドでガレージハウスを作っている者です。
屋根だけで壁は作らないのでしょうか?
それならそもそも木で作るのが無理が有るでしょう。
固定も風でずれると言う以前に横風でパタンっと屋根ごと潰れるでしょう。
これはL字金具で固定などしても大して変わらず上物で水平方向に耐えれる強度を持たさないと無理です。

屋根に波板を使うと言う事はそれほど見た目は気にしていないと言う事ですよね、それなら単管パイプで骨組みを作るのが良いです。
木材より安く、圧倒的に耐久性が有り、後から簡単に追加する事が出来るので棚なども作りやすいです。
もっとも単管パイプを使うにしても筋交いを入れ水平方向に耐えれる構造にしないといけないのは同じですが。

木材だと2,3年に1回は防腐剤を塗らないと10年と持ちませんが(塗っても20年は持たないと思います。)単管パイプなら無塗装で有っても10年程度は余裕で持ち、防錆剤を定期的に塗れば30年以上だって持つでしょう。

ncr********さん

2014/7/117:06:42

そういう場合は、太陽光なんかの陸屋根基礎と同じ要領でやれば簡単ですよ。
詳しく写真入りで解説しているページが有りますので、どうぞ。
http://www.pv-goodheart.jp/progress03

自分は、ケミカルアンカーではなくて、差筋アンカーを使っています。
下穴を開けて鉄筋付きのアンカーを打ち込むだけです。
新しく基礎を打つ部分は、ビシャンでチッピングして、NSハイフレックスを塗ると良いです。

また、この工事ではレベル出しにビスを使って2回に分けて、2回目はレベラーで仕上げてますが、はじめからあらかたレベルを出しておいて、基礎パッキンとシム、あるいは、レベル調整機能付き基礎パッキンでレベル出しをしたほうが手間が要りません。

あと、大きなお世話でいえば、さすがに一寸角ってのは、チビリ過ぎてます。
そのサイズだと、ほとんど強度がありませんし、節などの欠損があれば、致命的な強度不足です。

垂木は、だいたい、幅が1.5寸、成が1.5寸〜3寸くらいです。
その地域の風の強さや、積雪量などで必要な成を決めると良いです。

例えば、L=1000mm、中央集中荷重で1kN(約100kgf)の荷重を想定すると、30mm角ですとからまつの場合で26.9mm撓みます。
梁の安全を1/250とすると、4mmが安全限界です。

45mm x 45mm -> 5.3mm NG
45mm x 60mm -> 2.3mm OK

ということで、1.5寸幅の垂木材を使う場合、垂木のスパン1000mmとした場合には、1.5寸角では、上に人が乗るのはちょっと無理かもね、ってことになります。

仮に2x4のサイズ(38mm x 89mm)であれば、撓みは、0.8mmで安全です。

波板は若干値が張りますが、ポリカをおすすめします。

サイズによっては、他の方の指摘の通り確認が必要になることがあります。
また、地域によっては、屋根仕上げ材などに防火の制限があることがあり、その場合、波板は使えない(燃えるため)こともあります。
無論、木の柱がむき出しというのも駄目だし、ガレージとして車を停めるということになると、ガレージとして申請すると、防火シャッターをつけたり、柱自体を耐火被覆材で覆うなどの規制がかかりますので、作業スペースとして利用され、一時的に荷物を下ろすために車を入れる程度だけど、極稀にそのまま移動するのを忘れて寝てしまうことがある、という方がよく居るようです。

nat********さん

2014/7/116:55:59

接着剤では無理です。
コンクリート基礎の部分を壊すかケミカルアンカーで留めるかの方法が
良いと思います。
普通のアンカーでは強度は出ません。

そうでなれば布基礎をぐるりと回すことです。

hei********さん

2014/7/116:09:24

コンクリート用接着剤って、そんなに強力なモノではない?>>>数年は強力ですが、その後は風雨にさらされて、接着力は落ちてきて、外れる事があります。


基礎パッキンをはさみ、L字金具で柱とコンクリート土間をL字金具で固定した方がよいでしょうか。>>>柱がじか付けに近いので、腐りは早いです。

なら、コンクリート打設時に150*150の羽子板付きピンコロを埋め込む方が強度的に良いでしょう。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる