辺戸岬が寂れてしまった?理由を教えてください。 久々に辺戸岬へドライブしました。 かつては、食堂やお土産屋さんが何店舗かあり、 建物も年数は古いながら二階建てだった記憶がありま

辺戸岬が寂れてしまった?理由を教えてください。 久々に辺戸岬へドライブしました。 かつては、食堂やお土産屋さんが何店舗かあり、 建物も年数は古いながら二階建てだった記憶がありま す。 ところが今や、お店は一軒のみ。 メニューや貼り紙もないため、 店休日でなく営業自体していないのかもしれません。 そこで質問です。 あのお店(パーラーこうよう?)、ふだんは週末営業してるのでしょうか? なぜ、こんなにサビれてしまったのか、その原因や背景は? また、訪れてる人はほとんどが外国人でした。瀬底島もそうでした。その理由もわかれば是非。 個人的には、古宇利島に人気を奪われたのかなぁ、と推測してるんですが…。 あまりにも寂寥感が漂っていて、軽く衝撃を受けたため、 質問させていただきました。 いろんなご回答、宜しくお願いします。

観光425閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

0

別に古宇利島がどうこうとかは関係ありません (だったら外国人が訪れてる訳も無いですし) ぶっちゃけ、日本の観光業全体が急速な衰退の最中なのです 特に田舎の観光地ほどその影響は大きく、辺戸岬なんかもその直撃を食らってるだけです 日本の旅行者は今では海外の方が安くなったため、国内旅行、特にUSJの大阪やネズミの東京といった都会はまだしも行くのが面倒くさい田舎の観光地には行く人が大きく減りました 安・近・楽な旅行先か、あとはもう海外かなのです そのためこの20年で田舎を中心に廃線になった鉄道が50路線以上あります。日本人は日本の田舎に行かなくなったのです そこでそれら田舎の観光地は潰れるか、少しでも生き延びるため中国韓国観光客の取り込みに必死(日本に来る外国人観光客の7割が中韓)なのです