ここから本文です

谷川俊太郎の詩の魅力は?

gaj********さん

2014/7/1100:41:33

谷川俊太郎の詩の魅力は?

谷川俊太郎さんの詩は
国語の教科書には必ずと言っていいほど
載っています。
現在最も読まれている詩は
谷川俊太郎さんの作品だと思います。

他の詩人に比べ
谷川俊太郎さんの詩は
どうしてこれほど人気があるのでしょうか?

閲覧数:
2,762
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

p93********さん

2014/7/1112:25:10

詩というよりも散文に近いので、学校の先生が説明しやすいからだと思います。人気があるのも同じ理由で分かりやすいからでしょう。しかし新体詩→島崎藤村→萩原朔太郎→三好達治と詩を読んで、戦後詩へ入り、現代思潮社の戦後詩人シリーズで戦後詩人の代表作品を多数読んだ人なら、彼が戦後詩人としては異端で特異な詩人であることが分かるでしょう。
最近亡くなられましたが、私は実力として全国的な詩人として著名であっても全然おかしくない地方詩人を知っていますが、その人が現代詩をほとんどの人が理解していないと嘆いていました。そういう現状を打破しようと詩のサークルをつくり、冊子も発行していましたが、その人以外はこれが詩?なのと思うレベルでした。学校で散文のような詩を教えている弊害だと私は考えています。質問者の方も大岡信さんの詩を読んでみて下さい。谷川俊太郎さんとは全然違いますから。

質問した人からのコメント

2014/7/17 23:01:08

eitaro6117さん、p93aqさん
丁寧な回答を頂き、ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

2014/7/1112:35:49

現代詩にはあまり詳しくないので、あくまで門外漢としての意見なのですが、谷川俊太郎さんの詩の魅力のひとつは、“わかりやすさ”なのでは」ないでしょうか…。

普通、現代詩というのは、小難しいメタファー的表現に満ちていて、普段あまり詩を読まないような人間には、何を書いているのかさっぱりわからない…。
けれども谷川さんの詩は、誰が読んでもわかるような平易な言葉で書かれていて、とてもとっつき易い…。
…それでいて、書かれている内容は決して安易なものではなく、とても深い真理を含んでいて思わずハッとさせられる…。

また、「おならの詩」のように、“こんな事でも詩になるんだ…!”と思わず唸ってしまうような、視点の斬新さもあると思います。

また、有名な「ことばあそびうた」は、最初、子供向きの絵本として出版されたように、大人だけでなく、子供にも楽しめるようなシンプルな言葉の楽しさ、といったものを追求し続けている点にも敬服させられます。

…「ことばあそびうた」もそうですが、詩とは、黙って黙読するものではなく、実際に声に出して読むものだ…、といったスタンスで詩を創り続けている、といった点でもユニークな詩人だと思います。

「あな」「とぶ」などの、和田誠さんと組んだ絵本作品もとても好きです。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる