ここから本文です

繰越欠損金についてです。 政府は法人税の引き下げを掲げて、 報道でもそこばか...

keith-mick-ron-charlieさん

2014/7/1207:03:33

繰越欠損金についてです。
政府は法人税の引き下げを掲げて、
報道でもそこばかり焦点が当てられていますが、
その裏で、繰越欠損金の控除を廃止も議題にのぼっています。

日本の中小企業の7割は赤字経営だと言われていますが、
法人税の引き下げよりも、
繰越欠損金の控除が廃止される方が影響は大きいと思われます。
かなりの数の中小企業が淘汰されるのではないでしょうか。

どのように思われますか?

閲覧数:
108
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

san********さん

2014/7/1210:54:42

法人税引き下げでメリットが享受できるのは大企業だけでしょう。

大多数の中小零細は元々赤字だからメリットは無い。

繰越欠損の控除が受けれるのは、黒字体質の所だけ。

ということは、元々赤字体質の中小零細にはほとんど影響がないだろう。。。

それよりも、赤字でも税金が取れる外形標準課税の方が問題だろう。

赤字とか関係なく取れる外形標準課税を中小零細にも課税する方向で話が進んでいる。。。

中小零細にとって法人税率の下げは、結果として増税になる。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

bot********さん

2014/7/1210:28:54

余計なことですが、先の回答を分かり易く説明すると

繰越欠損があろうが無かろうが、「ある期」に利益を計上して初めて法人税が発生する訳です。(所得に関係ない部分を除く)

利益が出た中から税金を払うのですから、それが即「淘汰(倒産)」には結び付きません。
そもそも「過去の赤字を何で繰り越せるの?」と考える方が論理的で自然ではあります。

赤字経営から脱却できない企業は、繰り越せる赤字も順次「消えて」行くのですから、関係ありません。
その会社が倒産に向かうのは「赤字の繰り越しが無くなったから」ではなく「赤字経営だから」です。

確かに「赤字を繰り越せる」ことで、「納める税金を節約できる」という特典が無くなるとすれば、それを活用できる企業にとってはマイナスになりますが、それが倒産の原因であるとか、倒産を誘発するというのは本質から外れていると私も考えます。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

oha********さん

2014/7/1208:21:50

7割が赤字経営なのであれば、7割は繰越欠損が有っても無くても関係ないってことだよな。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる