ここから本文です

区分所有法の規定について以下のものが正しいか正しくないか教えてください。

asw********さん

2014/7/1211:20:58

区分所有法の規定について以下のものが正しいか正しくないか教えてください。

①集会において決議すべき場合において、書面による決議を行うためには、書面による決議を行うことについて区分所有者全員の承諾が必要。
②集会において決議すべき場合において、書面により決議をする場合は、区分所有者全員の賛成がなければ、集会の決議と同一の効力を有することはない。

二つとも同じようなことをいっている気がします…私は、①は正しくて、②は誤りだと思いました。②は賛成ではなくて承諾だと思ったからです。でと、賛成も承諾も似たようなもんですよね…

閲覧数:
99
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

zwq********さん

2014/7/1214:47:24

「書面決議の承諾」と「議案の賛否」とは「別次元」の関係にあります。

書面決議の承諾は「集会を開かずに意思決定するコト」の賛否の確認が目的ですから、区分所有者は「書面決議を承諾」したうえで「議案に反対」することが可能です。

②の問題は、「書面決議をするコト」については「全員」の承諾が必要ですが、議案の可否(決議の結果=意思決定)については「賛成者は過半数」でいい(普通決議なら)、というコトです。

質問した人からのコメント

2014/7/12 14:53:33

過半数でしたか!ありがとうございます!

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる