ここから本文です

トランジスタの等価回路を作るときに、なぜ電源はGND電位と等価になるのでしょうか...

sasapyさん

2014/7/1909:27:17

トランジスタの等価回路を作るときに、なぜ電源はGND電位と等価になるのでしょうか?
ご教示のほど、よろしくお願いいたします。

閲覧数:
236
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2014/7/2006:18:47

小信号等価回路ですね。通常トランジスタ(Tr)はバイアス電流を流してつかいます。TrのE,B,Cの各点はある電圧に維持されます。

それらの点の電圧は信号によって変化します。小信号等価回路では、この変化分のみ注目します。小信号等価回路は信号による変化分のみ問題にします。変化のない点はGNDとします。

つまり、GNDも電源も信号では変化しないので、これらはGNDとされるのです。

>変化が無いのでGNDと等価
>というところがおなかに落ちません。
>そこのところを今一度噛み砕いてご説明いただけないでしょうか?
>よろしくお願いいたします。

つまり、各点のバイアス電圧は無視して考えるのです。そして、信号によって動かない点を「同一視」してしまいます。つまりGNDにします。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

jtaka451さん

2014/7/1909:54:16

ACでの等価回路を考えるときには、電源はAC的に見ると変化が無いのでGNDと等価になると考えればいい。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

kon********さん

2014/7/1909:39:51

普通の回路は電源のマイナス端子をグランドに接続します。ただし一般的でない用途にはそうでない回路もあります。一番よく目にするのがPCのスイッチング電源です。AC100V側は完全に浮いてます。一次側のスイッチングトランジスタはグランドに接続されていません。スイッチングトランスの2次側のマイナスをグランドに接続してあります。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる