ここから本文です

保険診断お願いします。

sor********さん

2014/7/2713:06:22

保険診断お願いします。

40代前半夫婦


県民共済 4000円 (総合型)
医療保険(メディケア) 4000円 (5000円型・60日/6大疾病は120日/先進付/65歳払込済/3大疾病診断免除特約)
がん保険(AIG) 3500円 (終身払/初診断100万+診断給付金100万/診断後支払免除)


県民共済 4000円 (総合型)
医療保険(メディケア) 4000円 (夫と同じ。60歳払込済)
がん保険(AIG) 1500円 (終身払/診断給付金100万/診断後支払免除)


最近まで県民共済だけでしたが、共済だと老後の保障が徐々に少なくなるため、医療保険とがん保険を新しく付けました。
共済はやめるつもりでしたが、やはり生命保険の代わりにそのまま継続しようと思っています。
共済の割り戻しは30%位です。

ですが、少し払い過ぎな気もするのです。

よろしくお願いします。

閲覧数:
1,246
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hah********さん

2014/7/2717:57:59

医療保険が不要か必要かは一旦置いといて。。。

基本的に医療保険の短期払い(ご主人は65歳払済、奥様は60歳払済)は私は好きではありません。
私は終身払いで月の負担を安くしますね。
なぜなら保険は良くも悪くもインフレに対応していないんですよ。
「お金」だけを見ると終身払いの方がたくさん払うイメージですが、「お金の価値」としてはどうでしょうか?
そして将来的に素晴らしい医療保険が出たら短期払いだと乗り換えづらいですね。
終身払いなら乗り換えやすいですね。
そして医療保険は年々新商品が出て保険料が安くなってます。
5年前に加入した医療保険、新しく出た医療保険に乗り換えて、保障もよくなり保険料も安くなったなんて言う話はしょっちゅうあります。
5歳も年齢が上がってるのに安くなるんです。

これが短期払いだとそうはいきませんね。
ま、通常のFPはインフレの話や乗り換えの話はしませんね。そして終身払いは薦めませんね。
終身払いの方が手数料低いですから。

まずはそこですかね。

AIG富士がんはお宝保険なのでそのままでいいと思います。
それは宝くじを毎月買っているようなイメージでいいと思いますよ。
出来たら300万入っていればよかったのにー!と思いますが、ま、それは人それぞれと言う事で。

共済は今後の事を考えてやめてもいいんじゃないでしょうか?
そのお金でソニーの変額終身保険をお互い200万づつ加入してみては?
そうすれば一生涯最低200万の保証が手に入りますし、葬式代には困りません。


そして医療保険の不要か必要かという話ですが、下の方が仰る通り貯蓄が有れば医療保険なんて不要です。
しかしその貯蓄というのはあくまでも「医療費用」の貯蓄です。
お互い100万づつ、合計200万の「医療費用」の貯蓄があれば不要です。
医療費用の貯蓄がない場合は医療保険に加入していた方が安心でしょう。

また保険なんて保険会社が儲かるようにできているというのは半分は本当であり、半分はうそですね。
保険には保険会社が儲かる保険と、契約者が得する保険と2種類あります。
保険会社が儲かる保険を作っているのは、主に国内大手生保会社と言われる保険会社です。

それらの保険会社はバブル時代に今でいうお宝保険を大量に契約していました。
100万払ったら500万支払うよ。みたいな保険です。
今では考えられません。

そしてバブルがはじけたあと、そのお客様優位の保険は大きな負債となりました。
それを補うために各社、保険会社が儲かる保険を開発、販売してきました。
現在の日本人の8割が保険会社有利の保険に加入していると言われてます。

損保系の保険会社や外資系は意外とお客様優位な保険を作っていると思います。

そしてそれらの保険会社はお客様から預かった保険料の一部で投資をしていますので、基本的にはそちらの利益が大きいかと思います。
ただ医療保険に関してはあまりにも各社利益を出しすぎていますので、年々保険料が各社下がってきているものだと思います。

また日本人の世帯保険料は34000円です。
ですので払い過ぎでもないと私は思いますよ。

質問した人からのコメント

2014/7/28 17:39:38

共済に代わるものとして低解約終身、ソニーの変額終身保険等検討してみます。
インフレも考慮しないとだめなんですね・・。

大変参考になりました。
皆様、どうもありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

mar********さん

2014/7/2716:39:17

県民共済は終身ではありませんよね。
今のままですと、死亡保障がいずれ無くなります。

早いうちに終身の死亡保障を持たれることをお勧めします。

低解約終身で貯蓄代わりに蓄えながら保障を備えたらいかがでしょうか。

40代前半なら今のうちです。

また、気がかりはがん保険です。
入院が少なくなりながらも通院で長い間治療を行うがん治療には、
通院保障を充実する必要があると思います。
現在のは確かに安いとは思いますが、お役に立てないのでは、
結局は無駄になります。

最後に死亡保障は、一例として低解約終身でと、申し上げましたが、
資産状況、ご家族構成等、責任の多さによって種類・保険金額は
ご検討されるべきです。

プロフィール画像

カテゴリマスター

wxy********さん

2014/7/2713:13:45

先進医療を利用しないのなら、国保や健保でも医療費負担の上限は1ヵ月入院して10万程度だよ。保健医療には月額の上限額があることを知ってる?

貯金等でしっかり管理できるのなら、医療系の保険なんて要らないんだよね。

逆に、管理できないのなら掛けておく方が良いとも言える。俺なら、全部解約。

夫婦で月額2万円くらい支払うよね。仮に20年払い続けるとしたら480万円くらい。その間、夫婦で合計12ヵ月入院したとしても、120万円くらいで済むと思うんだけど。差額ベッド代などの保健医療対象外となる部分を使ったとしても、480万円は掛からないと思う。

しかも、入院時の保険等は、一定期間内の再発で再入院になってもダメだったりするケースもあったりして、保険内容を良く精査しないと、結構使えなかったりすることも多いんだよ。

こう言っちゃ何だけど、保険は保険会社が一番儲かるように、必ず儲かるようにできているものだからね。そうしないと経営が成り立たないんだから、当然なんだけどさ。

死亡保険はまた別かも知れないけど、追加した医療保険は全部要らないと思う。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる