ここから本文です

「集団的自衛権」(Collective Self-defense)と「集団安全保障」(Collective Securi...

uir********さん

2014/8/401:23:37

「集団的自衛権」(Collective Self-defense)と「集団安全保障」(Collective Security)という言葉を構成する Collective という英単語について。

Collective が意図する普遍的意味は「集団」ではないでしょう?

連合国の政治道徳はキリスト教哲学なので、この Collective もキリスト教哲学の普遍に適合した日本語「集合」を充てるべきだからです。

第一、Christendom を英英で引くと (Theology) the collective body of Christians throughout the world or throughout history という意味になりますが、英和では例えば goo辞書は collective を「集合的」と訳していますよ。

1 ((集合的))キリスト教徒.
2 [U]キリスト教世界,キリスト教国.

もし、Christendom が「集合的」なら「集合的自衛権」、「集合的安全保障」と訳し、その意味内容で説明すべき。そうしない安倍政権は国民を欺いているのでは?

キリスト教哲学の専門家の方に教えて頂きたい。

閲覧数:
64
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mur********さん

2014/8/919:58:09

そもそも連合国の政治道徳はキリスト教哲学ではありません。立論の前提が完璧に間違っています。

国連常任理事国の五ヵ国のアメリカ・イギリス・フランス・ソ連・中国にしても、ソ連は無神論・唯物主義、
「宗教は人民のアヘン」
を国家のテーゼとするマルクス・レーニン主義社会主義国家であり、蒋介石の中華民国にしてもキリスト教国家では全くありません。

またフランス共和国は厳格な政教分離、信教の自由を原則とする共和主義国家であり、名実共にキリスト教国家とは言えません。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる