be going to do の未来表現 (追加質問2の回答内容について)

be going to do の未来表現 (追加質問2の回答内容について) 色々と教えて頂きありがとうございました。もう少しだけお願いします。 1.>>I'm just going to leave for work now. (ちょうど出勤しようとしているところです。) >こういう表現をするネーティブが実際にいますかね?I'm just leaving for work now と言うのが普通の表現であると思います。 +この御意見は be going to do と just 又は now と共起しない。つまり、「be going to +移動動詞」は、今すぐという状況のときには使えないということでしょうか。  (下記3(1)項にかぶってきてしまいました。)  そうであるならば、オリジナル質問(その2)で記載した下記内容(それは「今すぐ」ということもあれば)は誤り。  ということになってしまいますが、どのように理解したらよいのでしょうか。  (B)I’m going to+移動動詞 の意味  「~するつもりである」の意味合いで、それは「今すぐ」ということもあれば「来月」ということもありえる。  (この定義はNHK英語番組のテキストから引用しました。:田中茂範先生) 3(1)>コンテクストなしで、現在進行形が未来相として使えるのは、状態動詞や移動動詞だけで、その外の動詞に未来相意味で現在進行形を使う場合には、「段取りを手配ずみ」ということを強調する場合に限られます。 +「その他の動詞...に限られます。」の内容については知りませんでした。  後学のため教えて頂きたいのですが、どのように勉強したら、この知識を得ることが出来るのでしょうか。  私が間違えたのは、添付した英語サイトには以下のように「代表例」とだけしか書かれていなかったので、他の動詞にも適用できると考えてしまいました。  “do や、「食べる」という意味の have、come、go、stay といった動静を示す動詞が、その代表例です。” 3(3)>自分が何をしようとしているかを相手に説明してから、ペンとメモを取り出した、と解釈できます +この説明で疑問が解消でき、すっきりしました。ありがとうございました。

英語579閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

0

>(B)I'm going to+移動動詞 の意味: 「~するつもりである」の意味合いで、それは「今すぐ」ということもあれば「来月」ということもありえる。(この定義はNHK英語番組のテキストから引用しました。:田中茂範先生) 田中茂徳先生は、"I'm going to do" の一般論について言っているのであって、do が leave である場合についても、"I'm going to leave now" が自然な表現である、と言っているわけではないと思うのですが・・・。 形式主義的な文法論で議論すれば、"I'm going to leave now" という表現は誤りではない、と思います。でも、leave (発つ)は、瞬間に達成される点的動作(punctual action)ですので、"I'm leaving now" を、たとえば、「私は 10分前に出発し、その出発行為はあと 5 分間続くでしょう」などという”純然進行相”の意味に使うことはあり得ないのです。逆に言えば、"I'm leaving now" という表現は、「私は今(=これから)出かけるところです」という”未来相”の意味にしか解釈しようがない表現です。ですので、あえて、「純然進行相」ではないことを強調するような "I'm going to leave now" という未来相を強調した表現には冗長感を感じてしまうのです(ただし、「私は、そのとき出発するつもりだった」(=出発が実現しなかったことを示唆している)と解釈できる I was going to leave then のような過去形表現の場合にはOKです)。 > 後学のため教えて頂きたいのですが、どのように勉強したら、この知識を得ることが出来るのでしょうか。 そうたずねられても困ります。疑問を生じたときには、辞書や文法書を調べ、場合によっては、ネーティブに尋ねたり・・・・。今もって試行錯誤の繰り返しです。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました。 尚、今週は仕事が忙しくて、このサイトにくることができませんでした。そして 遅くなりましたが「追加質問2の回答内容について:Part2」の補足欄にお聞きしたいことを記載しました。

お礼日時:2007/11/9 20:44