ここから本文です

蚊アレルギーはある日突然出てくるものなのでしょうか?

iti********さん

2014/8/612:57:08

蚊アレルギーはある日突然出てくるものなのでしょうか?

昨年までは蚊に刺されてもその時かゆみがあり、ちょこっと腫れる程度でしたが、今年から腫れがひどくなり、かゆみと痛みが1週間くらい続きます。

最初はブヨに刺されたのかな?と思っていたのですが、毎回同じ症状になるのでブヨじゃないのでは?と思い始めました。

(病院行ってないので、蚊アレルギーなのかどうかわからないのですが)

蚊アレルギーは治らないのでしょうか?

病院嫌いなので、極力病院には行きたくないんです・・・

ご回答よろしくお願いいたします。

閲覧数:
2,189
回答数:
1
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

oro********さん

2014/8/623:27:18

「蚊アレルギー」はありますよ。
アレルギーは一般的に「アレルギーコップ」という名前で説明されています。これは何かのアレルゲンのエッセンスが、ちょうどコップに水が徐々に溜まっていって、ある時突然どっとあふれるように発症するからで、あなたの場合は蚊の唾液成分がアレルゲンになるのです。
アレルギーは体質の変化ですから、この体質を元の体質に戻すのは非常に困難です。しかし治らないことはありません。
例えば、スギ花粉症などに「減感作」という療法が適用される場合がありますが、これはスギ花粉のエッセンスを少量ずつ投与して次第に量を増やしていき、最終的に感作した状態を減感作の状態に戻すというやり方ですが、短くても5~6年、長ければ10年も時間がかかります。
逆に毎年スギ花粉症に苦しめながらも対処していて、30年後に突然症状が出なくなり、「天にも昇る気分だ」と書いた質問者さんがいましたよ。この場合は自然に減感作が行われたのでしょう。養蜂業者さんたちもミツバチに刺されている間に減感作が自然に行われると思います。
あなたの場合もこれから蚊に刺されている間に減感作がおこなわれて症状が出なくなることがあるかもしれませんね。どの位時間がかかるかは個人差があるでしょう。
問題は痒いからと言って掻き毟ることです。掻くと皮膚のバリア機能が損なわれて、外部からの異物(細菌類や虫類、真菌類)の影響を受けやすくなり、他の皮膚疾患を招く恐れがあります。
痒い時には皮膚の炎症を止めるステ剤などを使用して、痒みを治めてください。
また、蚊に刺されないように外では十分な対策を立ててくださいね。

質問した人からのコメント

2014/8/7 15:17:21

降参 ご丁寧な回答ありがとうございました。

体温が高いのか?体臭がきついのか(笑)?もともと蚊に刺されやすい体質なんです・・・
一緒に寝ている嫁と子供は刺されえないのに、自分だけ何ヶ所も刺されるし。
ボクの血はおいしいのでしょうか?
今度飲んでみます(冗談です)

大変参考になりました。ありがとうございました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる