ここから本文です

天気予報でみる「波の高さ」と、地震によって起きる「津波の高さ」の違いは何です...

ktb********さん

2014/8/722:58:54

天気予報でみる「波の高さ」と、地震によって起きる「津波の高さ」の違いは何ですか?

閲覧数:
190
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mf6********さん

2014/8/807:38:00

「津波」と海における普通の「波」の違いは、その周期(波の一番高い部分が来てから、次にまた高いところが来るまでの時間)がとても長いことにあります。一般の波は長くても十秒程なのに対して、津波では短くても2分~長いものでは1時間に及びます。

それでは普通の波に混じってやってくる津波の高さをどうやって測定するかですが、一つの方法としてやや深い海の底に精密測定が出来る水圧計を設置して、海面までの距離=深さ の変化を測定します。深いところで測るほど小さな短い周期の波の影響は受けなくなります。

もう一つ、海面の変動には月の引力などによる潮汐という変化もあります。この値は理論的に計算されて沿岸各地の予想値が発表されていますが、その値(天文潮位)と実測された潮位が大きくずれると高潮や津波ということになります。
この予測値と実測値は次のところなどにあります。
http://www.jma.go.jp/jp/choi/graph.html?areaCode=206&pointCode=1244...

質問した人からのコメント

2014/8/8 14:22:11

成功 ご回答ありがとうございます。
詳しく、分かりやすく説明していただいたおかげで
理解することができました!

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる