ここから本文です

運動場のライン引きなどに使用されている消石灰(水酸化カルシウム)が子どもの目...

mag********さん

2007/11/1114:35:20

運動場のライン引きなどに使用されている消石灰(水酸化カルシウム)が子どもの目に入る事故が、過去2年間に50件以上起きていることが10日、日本眼科医会の調査で分かった。

らしいですが、私が子供のころから使われていますがこういう事故は聞いたことがありません。http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071110-00000119-jij-soci
最近の子供は危険認知力が低下しているんじゃないですか?逆にこういう危険物を排除するのではなくそのまま使用して鍛えたほうがいいのではないですか?
なんでも危険(普通に使えば安全)だからといって排除するのは子供の危険認知力を低下させることになるんじゃないですか?

閲覧数:
838
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ina********さん

2007/11/1114:52:41

やけどを知らない子供は大やけどをする。
痛みを知らない子供は他人の痛みが理解できない。
など、過保護は子供の将来によくありません。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる