ここから本文です

去年くらいからよく見かけるようになった「真空断熱タンブラー」は、上部は開口状...

クスノキさんさん

2014/8/1800:50:10

去年くらいからよく見かけるようになった「真空断熱タンブラー」は、上部は開口状態なのに、
なぜ、あんな長時間冷たさをキープできるのでしょうか?

下記書き込みを見かけましたが、まだ少し理解できません。。(上部開口は余り影響ない?)

> 真空断熱タンブラーは氷が溶けなかったり、保温保冷効果が高かったりするのには構造に秘密があります。
>
> タンブラーは飲み口(コップのふち)に空洞があるんです。
>
> そしてこの空洞が空気のない真空状態になっているですよ。
>
> 真空状態では熱や冷気を遮断します。つまり温かさも冷たさも真空に囲まれている事により閉じ込める事ができるんです。


・追伸:従来のステンレス製マグカップとは、一線を画する物なんでしょうか?
・追伸2:サーモス等の魔法瓶マグカップ(保温調理用)でも同様なことは出来ないのでしょうか?
・追伸3:蓋をすれば、もっと効果ある理屈ですよね?それとも余り効果はないのでしょうか?

閲覧数:
913
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sss********さん

2014/8/2318:49:59

・内部が真空になっていないただのステンレス製マグカップとは全然違います。
・魔法瓶マグカップは持っていないのでただの推測ですが、蓋がある分魔法瓶マグカップの方がより長く持つのでは?
・温かいものを入れる場合は暖気が逃げるのを防いでもっと効果があるような気がしますが、冷たいものであれば冷気が下にたまるので蓋はなくてもそこまで変わらないのでは?

質問した人からのコメント

2014/8/24 12:13:19

降参 なるほど、理解できた気がします。
もう一人の方もご回答をありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

kas********さん

2014/8/1806:34:26

私は未だ現物を手にしたことはありませんが、「真空断熱」とあらば、形の如何を問わず、内部は真空構造の筈です。
真空断熱の応用は古くから魔法瓶に使用されており、珍しいことではありません。
今の場合、コップの上部が開口状に見えても、構造的には開口部の肉厚が二重構造でなければなりません。子細に眺めて見ればやがて納得されると思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる