ここから本文です

【ウルトラマン】→【ウルトラセブン】と放映されたわけですが、なぜ【初代】の次が...

虎党さん

2007/11/1121:38:59

【ウルトラマン】→【ウルトラセブン】と放映されたわけですが、なぜ【初代】の次がいきなり【7番】になったんでしょうか?
そうなったエピソードのようなものがありますか??

閲覧数:
1,928
回答数:
5
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ich********さん

編集あり2007/11/1217:31:44

 ずばり言ってしまえば、「ウルトラセブン」製作時には、現在のような「ウルトラ兄弟」という設定は露ほども検討されておらず、別種のヒーローとされていたためです。ですから、毒蝮三太夫さん(石井伊吉さん)が続けて出演していることはあっても、ウルトラマンとウルトラセブンの世界はまったく別のものであり、互いの関係性はありません(製作当時は)。そもそも、企画当初ウルトラセブンは「レッドマン」といわれていました。これが由来となって現在でもウルトラセブンの本名はレッドマンとなっています。因みに、ウルトラマンでのレッドキングなどの人気怪獣を、ウルトラセブンのカプセル怪獣として再登場させる案も検討されましたが結局却下されています。このことからも、当時の製作スタッフがウルトラマンとウルトラセブンをあえて別ワールドとして描こうとしていたことがうかがえます。

 さて、ではなぜ「セブン」になったかということですが、これが不思議がられるのも無理はありません。巨大ヒーローに「ウルトラセブン」と地球人が名づけるシーンが丸々カットされ、その後の劇中で、さも当然のごとく皆が「セブン」と呼び出しているのでこのような混乱が起こっているのです。
 シーンとしては、モロボシ・ダンが第1話で地球防衛への貢献が評価されて、ウルトラ警備隊の6番目の隊員となって他の隊員に紹介される際、

キリヤマ隊長「ひょっとしたら7番目の隊員も誕生したかもしれない」
アマギ隊員「ピンチを救ってくれた幻のヒーローですね」
キリヤマ隊長「うん。七人目のヒーローだからな、ウルトラセブンとでも呼ぶか」
フルハシ隊員「いい、最高にいい名前ですよ」

という会話が脚本上は(検討用、決定稿、決定稿2の三種類の脚本すべて)存在していたのです。
よって、「ウルトラセブン」とは、『ウルトラ警備隊の7番目の隊員』という意味が込められていたわけです。(少なくとも脚本上は)

 ついでにお答えしますが、ウルトラセブンは「ウルトラマンセブン」とよく間違われて呼ばれることがあります。先日テレビを見ていても女性アナウンサーが「ウルトラマンセブン」と「マン」を余計につけて紹介していたので、女性への浸透率は低いんだなぁと思ったり、原稿読むだけなのに間違えるなよぉと少し腹が立ったりしました。しかし無理もないのです。歴代ウルトラシリーズのなかでウルトラセブンだけ「マン」がついていないのです。これは先に回答された方の詳しいご説明にもあるとおり、製品戦略や商標上の理由で、ウルトラマン○○とつける慣行がウルトラマンA以降出来たからです。間に挟まる「帰ってきたウルトラマン」は、そのタイトル通り、ウルトラマンが帰ってくるというアイデアから始まった企画なので当然「ウルトラ○○」とはならず、結果として、ウルトラセブンだけが「マン」のつかないウルトラヒーロー作品となってしまったわけです。ある意味、置いてきぼりにあった格好ですね。
 
 ウルトラヒーローシリーズ史上、最も不思議がられ、最も間違われるネーミングの謎、お分かりいただけましたか?


以下のサイトを参考にしました。
http://www2.u-netsurf.ne.jp/~okhr/sight7/page02.htm 

質問した人からのコメント

2007/11/18 17:48:39

降参 BA、悩みました!
投票にしようかとも思いましただ、その内容と参考サイトが素晴らしかったので ichinoyoshihisaさん とさせていただきました。
その他の方々も、有り難うございました!!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

yod********さん

2007/11/1121:39:48

セブンってただの名前です。

兄弟カメさん

2007/11/1121:48:32

ウルトラ警備隊の隊員が6人。7番目の隊員だからウルトラセブン。
とか
どういう訳か、アメリカの第七艦隊からとった。
とか
放映時間が、7時からになったから
とか。。。。
の説があるらしい。

http://wiki.livedoor.jp/ebatan/d/%A5%A6%A5%EB%A5%C8%A5%E9%A5%BB%A5%...

aki********さん

2007/11/1121:57:58

ウルトラシリーズ(空想特撮シリーズ)・・・

円谷プロダクションが製作の『ウルトラQ』『ウルトラマン』
(第3作は東映制作の『キャプテンウルトラ』)
ウルトラセブンは第4作。

放送当時は前2作と本作の繋がりは特に設定されていなかった。


ダンの正体を知らないウルトラ警備隊は、自分たちに協力してくれる謎の宇宙人をウルトラ警備隊7人目のメンバーということで「ウルトラセブン」と名付けた。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%A9%E...

yas********さん

2007/11/1212:16:26

ウルトラQ→ウルトラマン→ウルトラセブンと続く空想特撮シリーズの一環の一作でしかありませんでした。
この時点ではウルトラマンとの関連性も無く、同じ時間軸にもありませんでした。
ウルトラQとウルトラマンはラゴンの話なんかを見ると同じ時間軸と考えられなくも無いですが・・・
当初カプセル怪獣にレッドキングやゴモラ等のウルトラマンの人気怪獣を入れるという話もあったようなので、そうなるとまた違った展開になっていたかもしれませんね


その後ご存知のように帰ってきたウルトラマンに客演し、ウルトラマンA以降ゾフィーを長兄とするウルトラ兄弟という設定が出来ました。

ウルトラマンAも当初は「ウルトラA」という名前で企画が進行していたのですが既に「ウルトラA」を別のソフビ人形を作ってるメーカーが商標を持っており、苦肉の策で「ウルトラマンA」となり、その後のウルトラマンは(いまのとこ)全て「ウルトラマン何がし」という名前になっています。
嫁さんなんかは「ウルトラマンセブン」といってわたしに怒られたりしてますが(笑)

既にウルトラ兄弟が一般的に認知された現在から過去を見ると、最初からシリーズ化を念頭においていなかったため、名前や設定の法則に不整合が発生してしまったように見えるというのが答えになります。

ウルトラセブンだけが「ウルトラマン何がし」という名前になっていないのは、そういった背景があり、
所謂大人の事情だったのですがこれが実はすごい裏技で
例えば「サチコ」のお姉さん分の商品を作った際に「エツコ」をつけたいと思っても。「エツコ」が既に商標と録されていたとします。
ところが「サチコEX」なら「サチコ」を既に商標登録しているため、連結商標として商標登録が出来てしまいますし、今後「サチコ何がし」は全て保護されるというからくりです。
車のセリカとセリカXX、コロナとコロナマークⅡなんかも同じ手法です。(←少々古いですが)

同じように「仮面ライダー何がし」や「機動戦士ガンダム何がし」も保護されます。
このおかげでこれらはシリーズ化することによるメリットが出て、現在バンダイはホクホクしてるといっても過言ではありません。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる