ここから本文です

老眼のメガネ、「中近」を、出掛ける時にかけていては、どんな不都合がありますで...

yam********さん

2014/8/1818:43:26

老眼のメガネ、「中近」を、出掛ける時にかけていては、どんな不都合がありますでしょうか?

眼科で診てもらい、最近、「遠近」から「中近」に変わりました。

遠くはまずまず見えているの

で必要ない、遠近だと近くを見るのにメガネのレンズのごく一部に近用を入れても見にくいので、手元を見るために変えましょう、と言われて変えました。

「中近」は屋内でかけるもの、とメガネ屋さんに言われましたが、私は「遠近」のメガネに慣れており、外出時、仕事中にも、遠くを見ていて、急にスマホを見たり、資料を見たりすることが多いので、かけはずしは、とてもしにくいのです。

ですので、「中近」をかけて外出時にも使いたいのですが、どんな問題がありますでしょうか?

たとえば、老眼が進んでしまうとか。

ちなみに、車や自転車には乗りません。

ぜひ教えて下さい、よろしくお願いいたします。

閲覧数:
2,005
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mic********さん

2014/8/1820:51:18

メガネ店に勤務している者です。

ご存知かと思いますが、遠近は遠・中・近の度数が連続して入っています。
その遠の部分を取り払って、中と近を拡大したレンズが中近です。

中近の利点は、近用部の視野が遠近の2倍ほど広いことです。
中近はレンズの中心で2~3mにピントが合い、レンズの上部で5mにピントが合うように設計されています。
逆に遠用部が無いので、遠方はハッキリとは見えません。
レンズのどんなに上の端を使っても5m以上の距離にはピントが合わないのです。

レンズメーカーでは一応、歩き回ることも想定して設計されていますから、外出に使用されても良いのですが、あまり遠方を見ない方が望ましいです。
5m以上、特に10m以上を見なければならない時はメガネを外すべきですね。
多少はボヤけ気味だけど、それなりに見えないことはないから、といって中近で遠方を見ていると、それだけ目に負担がかかるため、遠方視力の低下につながります。
このことによって、老眼の進行は起こりませんので、ご心配なく。

それと近用部が広いということは、それだけ足元がボケますので注意してください。
もう1つ、横目もボケると思いますので、見たい方向へ顔を向けてください。

質問した人からのコメント

2014/8/19 02:06:52

専門的で詳しい解説をありがとうございました!

眼科でもメガネ店でも、簡単な説明しかなく、納得できないまま使っていましたので、とても不安でした。

近くを見るときにかける、というやりは、私の場合、遠くを見るときにはずす、というのが、しっくりきました。

足元がぼやけるということは、エスカレーターなど危ないですね。

お陰さまで、納得して使えそうです。

ありがとうございました!(^-^)

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

tm5********さん

2014/8/1819:16:52

遠近よりは遠くが見えにくいこと、歩くことを考えてないので足元が危ういことがあるのが弱点ですが、あなたが感じないなら何も問題ありません。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる