ここから本文です

住宅ローンの返済計画をExcelで計算したく思っています。 住宅ローンで検索しいく...

yuiyui_tikeiさん

2014/8/2021:38:40

住宅ローンの返済計画をExcelで計算したく思っています。
住宅ローンで検索しいくつかのHPを参考にして、固定金利30年or35年返済の計算は出来るようになりました。

しかし35年ローンで10年返し、その後20年で全額返済するといった期間を短くする場合の再計算の方法がわかりません。
教えていただければ大変助かります。

補足patink_yukiさん 返答ありがとうございました。
できましたら、もう一つお答え願えると助かります。
③で求めた支払額の中の利子分の計算はどのように行えばよいのでしょうか?
よろしくお願いします。

閲覧数:
534
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

patink_yukiさん

2014/8/2109:18:32

PMT関数とFV関数を組み合わせると計算することができます。

①当初のPMT関数で月々の支払額を計算します。(ここはできていると思います)
=-PMT(利率/12, 年数(35年)*12, 借入額)

②10年後の残債をFV関数で計算します。
=-FV(利率/12, 支払い終わった年数(10年)*12, -①で計算した支払額, 当初借入額)

③PMT関数で②で求めた残債と残りの支払い期間から変更後の支払額を計算します。
=-PMT(利率/12, 残りの年数(20年)*12, ②で計算した残債)

以上の流れになります。
これらを組み合わせて↓の様にすれば一つの式でもできますが、少し複雑になるのでなれないうちは一つ一つ順を追って計算していったほうがいいと思います。
=-PMT(利率, 年数, -FV(利率, 年数, PMT(利率, 年数, 借入額), 借入額))


質問にはありませんが、返済期間を短くするということはおそらく繰上げを行うということだと思います。
その場合は②で計算した残債から繰上げ額を引いた後で、③の式に残債を入れれば計算できます。

  • patink_yukiさん

    2014/8/2409:06:07

    支払額中の元本、利息はそれぞれPPMT, IPMT関数で計算することができます。

    引数の指定の仕方は、PMT関数とほぼ同じです。
    ただ、元利均等では支払期(何回目の支払いか)によって元本と利息の割合が変わるので、それを指定します。
    =-IPMT(利率/12, 期, 残りの年数(20年)*12, ②で計算した残債)

    「期」の部分に何回目の支払いかを入力してください。(三年後の金額を知りたければ36というように)
    他はPMT関数と同じです。

    PPMT関数で同じように引数を設定すれば元本も計算することができます。
    計算値はPMT(支払額) = PPMT(元本) + IPMT(利息)となります。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2014/8/25 18:08:35

大変助かりました。自分で計算できないとどうしても銀行任せになってしますので不安でした。
いろいろ返済計画を練ることが出来そうです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。