ここから本文です

鉄筋コンクリート賃貸マンションを建設した場合、損益分岐点が変動金利で2.3%と言...

aik********さん

2014/8/2705:57:20

鉄筋コンクリート賃貸マンションを建設した場合、損益分岐点が変動金利で2.3%と言われたのですが、普通に考えて、建てた方がよいのでしょうか?

郊外に空き地を持つ者なのですが、最近、地方の中堅建設会社の営業の方が、「賃貸マンションを建てませんか」と熱心に営業にきます。

営業の人が言うには、「建設した賃貸マンションは、建設ローン返済期間の30年の間、建設会社がサブリースで一括借り上げしますので、空き室を心配したり、管理の必要はありません」といい、「変動金利が、2.3%で損得なしになります。今なら、金利1%くらいで借りられますので、損しません」と言うのですが、この話、皆さんなら、どう思われますでしょうか?
ちなみにマンションは、7階建の免震マンションで、建設費5億5千万円です。

閲覧数:
165
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

san********さん

2014/8/2707:41:00

① まずもって損益分岐点がたった1%程度で変わってくる時点でダメ。利益率が1%程度ってことでしょ??
低すぎ。

② その損益分岐点を考えるにあたっての、入室率・賃貸料などがシュミレーション通りにいくことはまずない。
予想シュミレーションは甘く見積もられる。
それでいて1%金利が上がるだけで赤字なんてのは。。。
無謀だ。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

t22********さん

2014/8/2706:20:04

遊休資産の土地でも、固定資産税は課税されます。それと、新しく建物の固定資産税、登記費用等が加わります。建設費用の銀行ローンプラス固定資産税対サブリース料の計算書を作ってもらい、説明を受けたほうがいいと思いますが、金利%だけでは分らないでしょう。最初のアプローチの話でしょうけど。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる