ここから本文です

海水魚について質問させて頂きます。

rai********さん

2014/8/3009:13:23

海水魚について質問させて頂きます。

現在 淡水魚、ネオンテトラなどの小型な物を飼っていて最近 海水魚に興味があり海水魚を飼いたいと思っているのですが全く飼ったことがないので必要な器具、水の作り方など海水魚を飼うのに必要な物を教えて頂きたいです。

また飼いやすい魚などがいれば教えて頂きたいです。
サンゴ、イソギンチャクなども入れて見たいと思ってます。

閲覧数:
222
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

aji********さん

2014/8/3009:32:08

私も淡水→海水に移り変わりました。
魚だけで飼育するなら淡水で使用していた道具をそのまま使えるので追加で道具を購入する必要はありません。
追加で海水の素と比重計を買えばとりあえずは大丈夫です。比重計は浮力計ではなく光学屈折計がおすすめです。
水作りはちょっとむずかしいと言うより時間がかなり掛かります。
淡水では二週間ほどで魚を入れられますが、海水はじっくりと時間をかけて行いましょう。
最低でも一ヶ月は魚を入れられません。
くわしくは検索をすればいくらでもでてきます。
飼育しやすい魚の筆頭はスズメダイ系ですね。
色んな種類がいて色も綺麗です。
とても丈夫ですが縄張り意識が強すぎる種類もいるので注意。
とくに、ヨスジリュウキュウスズメダイは他の魚を喧嘩しまくって殺してしまうのでかなり注意が必要です。
私はヨスジリュウキュウスズメダイ以外はあまり喧嘩しているところは見ませんねぇ。
人気のクマノミは他の魚と喧嘩はあまりしませんね。
むしろクマノミ同士だと喧嘩するので2匹以上はいれられません。
ヤッコやチョウチョウウオになると難度が極端にあがるので(餌付けが必要なため)すぐに入れるのはおすすめしません。

サンゴやイソギンチャクが入れたいのならプロテインスキマーが絶対に必要になります。
で、ここで問題が出ていきます。
基本的にイソギンチャクとサンゴの共生はとても難しいです。
イソギンチャクの触手がサンゴに触れてしまうと、サンゴが弱ってしまい最悪死んでしまいます。
サンゴは移動しませんがイソギンチャクは移動しまくるので一晩のたったらサンゴが大変なことになっていることがあるのです。
それにサンゴを入れてしまうと魚を極端に少なく飼育したほうが維持が楽になります。
魚を入れすぎた水槽でサンゴを飼育するのは難しいです。
ですので、水槽を作る前に明確なビジョンを持って生体を購入しましょう。

「海水 作り方」の検索結果

検索結果をもっと見る

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる