ここから本文です

保証協会から手紙が届きました。 内容は12年前に亡くなった祖父が30年前に作った...

aao********さん

2014/9/1600:23:52

保証協会から手紙が届きました。
内容は12年前に亡くなった祖父が30年前に作った借金があり関係を確認したいといったものでした。
ちなみに父は祖父が亡くなった半年後に亡くなってます。

父が亡くなったときに祖父に借金の存在は知りませんでしたので相続放棄はしていませんでした。
そして今日初めて借金の存在を知りました。正直疎遠の祖父の借金なんて払いたくありません。
いまさら、相続放棄ってできるのでしょうか?
少ないながらある程度蓄えがあるのですが、差し押さえられる可能性はあるのでしょうか?

閲覧数:
561
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

アバター

ID非公開さん

2014/9/1600:53:30

1.他の方も指摘しているように、その保証協会とやらが実在するのか、まず確認しましょう。
詐欺の可能性もあります。

2.1で保証協会が実在するものとして
今回のケースでは相続放棄よりも債務の消滅時効を援用するのが得策と思います。
というのは今回の督促は、祖父から債務を相続した父からさらにあなたが相続していることになります(数次相続)。
なのでお父さんの相続について相続放棄することになりますが、法定単純承認といって、お父さんの遺産を一部でももらったり費消していれば、相続放棄はできないからです。
11年半も前に亡くなったお父さんの遺産を費消してないことなんて立証が難しいでしょう。

3.差し押さえられる可能性
先方があなたの口座番号などを知っていたり(まずないでしょうが)、不動産を持っていることを知っていれば仮差押は可能です。

なお今回のケースでは保証協会に一切返答せずに、弁護士、司法書士等の専門家に相談することをお勧めします。
一言でも債務を承認するようなことを言われて録音でもされていたら、消滅時効の援用もできなくなります。

質問した人からのコメント

2014/9/18 12:48:19

皆さん丁寧に教えてください、ありがとうございました。
今後同じ様な事が起きないように弁護士の方に色々と手続きを行なって頂くことにしました。
手紙を初めて見た時、動揺しましたがアドバイスを下さった方の【詐欺】という文字を見て落ち着いて行動が出来ました。
どの方を選ぶか、悩みましたが1つ1つ対応すべきことを追って説明してくださったkuichi9さんをベストアンサーにしました。
本当にありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

fan********さん

2014/9/1601:24:03

詐欺だと思います。
おそらく保証協会は社員が保証協会に対して借金を背負った場合は、2週間以内に借金(還付充当金)を払ってくださいと通知が行きます。そこで保証協会に借金を払うことができなければ、クビになります。そしてそれで終わりです。特に請求されたりとかはありません。借金背負って2週間以内払えなければ、保証協会をクビになって追い出されるだけです。
30年前の還付充当金を今更確認しに来るなどありえないかと思います。

ちなみに保証協会は公益社団法人であり、利益の追求を目的としているのではなく宅建業者のサポートを目的とした半ボランティア団体みたいなやつです。

nao********さん

2014/9/1600:36:10

詐欺行為ではありませんか?
まず、保証協会から手紙等で過去の借金等での調査は無いと思います。また、連帯保証人になって居なければ、支払い義務は生じません。
まずは、都道府県の貸金業担当部署や警察に相談してから対応する事を勧めます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる