ここから本文です

学校で、 理事長、理事、学園長、学長、総長、校長、教頭、副校長 ってあるみた...

puc********さん

2014/9/2021:51:03

学校で、
理事長、理事、学園長、学長、総長、校長、教頭、副校長
ってあるみたいですけど、これってどれがどう違ってどういう順で偉いんですか?

閲覧数:
6,202
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hun********さん

2014/9/2022:31:02

まず、理事長・理事・学園長とそれ以外の役職名は役職としての概念(グループと言っても良いかもしれません)が別のものです。

学長・総長・校長・教頭・副校長はそれぞれ学校教育法に示されている、教員の職務の正式な名前です。この場合の「教員」というのは、幼・小・中・高・大学等のいわゆる「先生」の総称(つまり大学教員も含む)だと思って下さい。

学長・総長は大学の責任者です。で、これが高校以下になると校長となります。つまり、学長・総長・校長はそれぞれ学校の責任者で校種が違うということになります。

総長という名称は、やや特殊で、学校教育法の中ではたった一度使われている(附則第10条)だけですが、役職としては学長と同じと考えて良いでしょう。

次に、副校長と教頭の違いです。まずどちらが「偉い」かというと副校長です。これは法令を読めば分かります。

学校教育法の37条には
○4 校長は、校務をつかさどり、所属職員を監督する。
○5 副校長は、校長を助け、命を受けて校務をつかさどる。
○7 教頭は、校長(副校長を置く小学校にあつては、校長及び副校長)を助け、校務を整理し、及び必要に応じ児童の教育をつかさどる。

とあります。つまり、副校長と教頭が一つの学校にいる場合には、教頭は副校長を補佐する立場だということが分かります。

最初に戻って、それでは理事長・理事・学園長は何か、という話ですが。こちらは、学校ではなくて学校法人(学校の設置団体)の方の役職です。

学校法人○○学園が設置した、△△中学・高校なんてのが私立では普通にあります。どこの私立学校のWebでも見てみれば、たいていの場合「学校法人○○学園△△中学」等と書かれています。

例えば、慶應義塾大学という大学がありますね。あれを設置しているのは、学校法人「慶應義塾」です。慶應義塾が設置した学校は大学以外に小・中・高もあります。

で、この学校法人慶應義塾の運営組織として理事会があり、その長が理事長、運営組織のメンバーが理事ということになります。理事は別に教員である必要はありません。もちろん教員が理事を兼ねることも可能です。ですから、理事長兼校長だとか、学長兼理事長なんてのが私立は見られます。

学園長というのも同じ事で、通常は学校法人○○学園の長としての名称で、学校教育法上の規定はありません。また、その学校法人が複数の学校を設置している場合(よくあるのが、中高一貫校)両方の学校の責任者に「学園長」という名称を出すこともあります。

質問した人からのコメント

2014/9/21 18:40:39

降参 詳しくありがとうございます。

「理事長 学長 違い」の検索結果

検索結果をもっと見る

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

職業とキャリア

職業

  • この仕事教えて
Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる