ここから本文です

賞与引当金と積立金の違い 長文で申し訳ありません、 初めて質問させていただ...

buk********さん

2014/9/2701:29:33

賞与引当金と積立金の違い

長文で申し訳ありません、
初めて質問させていただきます。
設立間もない小さな建設会社で経理を担当しております。

前期に大きく利益が出たので、賞与引当金を夏の分だけではなく
その次の冬の分も(つまり1年分)計上しました。
私の考えでやったのではなく、株主会社の意向で計上する
ことになりました。
税務上は損金にはなりませんが、損益計算書の利益額を
小さくするためでした。
最終的に決定したのは税理士とワンマン社長になります。

夏の分は決算後の6月にすぐに支給しましたが、その後業績が上がらず
預金残高がどんどん目減りしており、次の冬の賞与で残りの引当分を
支給してしまうとその後資金不足に陥る危険性があります。
ですから、予定していた賞与を減額しなければならないのではと
経営業務の管理責任者である部長に相談しましたところ、
「引当金があるのだから資金は問題ないだろ」との反応でした。
積立金と勘違いしているのでは?と思い、聞いてみましたら
やはり『引当金=積立金』だと思っていたそうです。

ここからが大変で、「なぜ決算の時にそんなことをしたのか?」
「賞与が出せないなんてなんてことだ!」などと問い詰められるのです。
決算時にはたしかにこの部長に報告しておりますし、
ワンマン社長も『引当金=積立金』と勘違いしている節がありましたので
そのこともこの部長に言いましたところ、さんざん社長のことをアホだの
バカだのもうすぐ退任だからほっとけだのと言われておりました。
さらに、貸借対照表や損益計算書も毎月きちんと渡しておりますし、
私がエクセルで作成ている収支見込表も毎月催促までされて渡して
ましたので、この部長は引当金が何たるかがわかっているものと
思っておりました。
なんと言っても経営業務の管理責任者ですから。
が、実際はそうではありませんでした…。

普段からこの部長の人間性(セクハラ&パワハラ)に不信感を
持っている私は、
「さんざん社長のことを全然わかってないってボロクソに
言ってたじゃないですか?自分だってわかってなかったのでしょ!?」
とキレてしまいました。
お互い頭に血が上り言い合いとなり、その後収集がつかなくなり、
一応その違いを事務員二人で説明したのですが、
なかなか理解してはもらえませんでしたので、税理士さんのところへ
一緒に説明を受けに行きましょうと提案しましたが、税理士さんの
ことが気に入らないのかわかりませんが拒否されました。

なんとかこの部長に引当金と積立金の違いをうまく説明する
手立てはありませんでしょうか?
下の者が優位に立ったり、自分にとって都合が悪いことがあると
怒鳴り散らすタイプなので本当に困っております。

社長は先月交代しておりますが、
たぶん新社長も『引当金=積立金』だと勘違いしている
可能性があります。

補足『積立金』としたのがいけなかったですね、
何社目かの天下りでやってきているトップたちは
『賞与引当金=賞与用の積立預金』だと
勘違いしているようです。
部長に「賞与引当金は貸借対照表の負債に載ってるじゃないですか!」
と言いましたところ、
「わしがわからんと思って難しい言葉を言うな!」
と言われてしまいました。

閲覧数:
350
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kim********さん

2014/9/2701:56:48

学ぶ気が無い人間に理解してもらうのは厳しいです。

ましてや、一度揉めた後ですよね?

専門家(税理士)に入ってもらって説明をして貰うというのは妥当な提案だと感じますし、それを拒否するのは、税理士が気に食わない可能性もありますが、貴方の提案だから賛成しないのかもしれません。

何歳の部長かは不明ですが、40年、50年かけて出来た性格を直すのは厳しいでしょうし、そもそも、経理部長になるのに、簿記の基礎もわからない人間では期待するだけ無駄かと思います。

なんとか理解させたいという気持ちはわかりますし、優しい人だなぁとも思います。

とりあえず、後で自分の身を守るためにも、説明書類を作成し、税理士に確認して(可能なら税理士の署名を貰い)提出すればよいと思います。もちろん、自分用のコピーを取って。

  • 質問者

    buk********さん

    2014/9/2713:49:57

    ご回答ありがとうございます。
    経理部長は社長が兼務しておりますので、この部長は経理部長
    という肩書ではないのですが、設立時に他に経営業務の管理責任者に
    なれる人がいなかったという理由で関連会社からやってきた役員
    さんで、ご年配の方です。
    前社長のことを「経理がわかってない」と見下すような発言を
    されてましたので、てっきり試算表等が読める方だと思って
    おりましただけに今回はショックを受けました。
    入社当時は私のことを好きだ好きだとメールが頻繁で、
    いくらセクハラだと指摘しても治りませんし、
    自分の思うようになれなければ怒鳴り散らしますので
    手を焼いている次第です。
    性格は諦めるしかないですね。。。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2014/10/3 22:52:49

私の身を心配くださってありとうございます。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

hir********さん

2014/9/2711:26:51

あなたも勘違いしていますよ。
『引当金、積立金の違い』とかではなく、引当金だからといって金があるわけではない、積立金だから金があるというわけでもありません。

アホな部長に簡単に説明するならば

7月に支給する予定の賞与と12月に支給する予定の賞与をメモ書きにして財布に入れておく、これが引当金です。

7月に支給する予定の賞与と12月に支給する予定の賞与を株主総会で決定し利益剰余金から取り崩し支給する予定とする。これが積立金です。

いずれも予定ですのでお金がなければ支給できません。
『一般人が普通預金に積み立てするのと税務上の積立金は意味がまったく違いますよ?』
引当金を計上しようが積立金があろうが剰余金があろうが純資産があろうがキャッシュフローがマイナスであれば意味がないんですから。
固定資産があろうが流動資産があろうが現金預金ないと意味ないんですから

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる