ここから本文です

「山田太郎」という名前が、日本で多い名前のような感じで使われるのはなぜですか...

ban********さん

2014/9/3012:49:01

「山田太郎」という名前が、日本で多い名前のような感じで使われるのはなぜですか。実際には佐藤のほうが多いのですが。

閲覧数:
399
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

e98********さん

2014/9/3012:52:58

英語圏においては、名前のジョン(John)、姓のスミス(Smith)共に非常にありふれたものであるため、日本語での山田太郎やドイツ語でのハンス・シュミット(Hans Schmidt) のように、最も一般的な人名として認識されている。そのため、偽名の代名詞としても用いられており、小説などの創作作品において、登場人物がジョン・スミスと名乗る場合、それが偽名であることを暗示していることがある。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

fdg********さん

2014/9/3014:34:31

鈴木 佐藤 より書きやすいから。

にいな。さん

編集あり2014/9/3015:15:05

まず苗字ですが、全国で一番多いのは「佐藤」そして次が「鈴木」です。

しかし何故か「山田」が使われますよね。

実は「佐藤」「鈴木」はランキングこそ1位2位ですが地域差のある苗字なんです。
東日本にすごく多いのですが、西日本ではあまり馴染みのない苗字と言えます。
また代表的な苗字で「田中」などは、逆に西日本に多い名前です。

そして全国的なランキングはそこそこで、地域差が少ない苗字となると「中村」「山田」「山口」などになります。

また苗字として使用されている漢字として捉えると 「田」「野」「川」「山」「谷」が代表です。

これらを踏まえて考えると全国的に「普通」「一般的」という感覚としての苗字を選択するときには「山田」が最適であると言えるのです。

また名前ですが、これは昔から長男には「太郎」というのが一般的な考えであり、物語などにも多数使われてきました。昔話も「~太郎」は多いですね。そして現在にもその感覚は浸透し続けています。


これらを組み合わせた「山田太郎」は、全国の偏りなく誰もが「普通の名前」として認識出来る名前となっています。

もちろん意識したり考えてのことでは無いんでしょうが、上記の理由などにより無意識に多数の方に「普通」だと認識された結果なのだと思います。

2014/9/3013:06:49

水島新司氏の漫画「ドカベン」の主人公の名前が山田太郎で大ヒットしたことから知名度が飛躍的にあがりましたね。

確か嵐の二宮君主演のドラマにも「山田太郎ものがたり」みたいなのがあったように記憶しています。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる