大学で心理学を勉強し、臨床心理士の資格を取りたいと思っているのですが、1種指定大学院のある大学の案内を取り寄せて見ても、ネットで調べても、どこの大学の心理がどう違っているのかが曖昧で、

大学で心理学を勉強し、臨床心理士の資格を取りたいと思っているのですが、1種指定大学院のある大学の案内を取り寄せて見ても、ネットで調べても、どこの大学の心理がどう違っているのかが曖昧で、 どこを受験すればいいのか悩んでいます。偏差値の高い低いというより、心理学の教育体制が整っていて、将来のためにも少しでも優れた環境で勉学に取り組みたいと考えています。参考にするため、心理学の大学に詳しい方の、おすすめの大学を理由と一緒に教えていただきたいです。 早稲田、慶応、立教、明治、上智、中央、法政、青山、明治学院、立正、の中から意見をいただきたいです。他にもいい大学があればアドバイスお願いします。

大学受験502閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

0

だいたい偏差値の高低で考えて大丈夫ですよ。 どんな子であろうと、立派な心理臨床家に育て上げられる魔法のような教育体制など実在しませんから。入って来る子に合わせてカスタマイズするしかありません。 極端な例ですが、掛け算の出来ない子に2次関数を教えても意味が無いでしょう? そういう点では、偏差値的に最高峰なところよりは、そこからちょっと落ちるぐらいの方が、手厚く面倒を見てくれるかもしれません。 で、挙げられた中では、とりあえず、慶應は指定の院ではなかった気がしますが…。 おススメとしては、やはり上智でしょうね。 学部の段階では、一応、実験・臨床の双方が揃っていますし、何より他大からは大学院に入りづらい。現状では、若干、院での教育が、力動的な心理療法、精神分析系に偏っていて、認知行動療法系が弱くはあります。 逆に、早稲田は、実験系の方が強く、院も、認知行動療法系が強いです。 ただ、研究や成果を重視する傾向があると思います。 立教は、コミュニティ心理学という臨床心理的地域援助に強い系統の研究室があります。上智にもありますが。 法政は、犯罪心理系の先生がいるのが強みかな。 明学もバランスが良かった気がします。上智クラスと比べると、若干、小振りな感はありますが…面倒見も悪くなかったと思います。 立正は…心理職としてやっていけるのにギリギリのラインだと思います。

その他の回答(1件)

0

ID非公開

2014/10/10 22:45

むしろ、偏差値の高い大学だからと、著名や教授がいるわけでなく 将来のための、大学院卒業後のネットワーク、いわゆるOBの業界での立ち位置が どうか、ということでしょう。 そういう意味では立正大学がすこぶる名門です。 就職時の心理学に関する職種にも長けています。