ここから本文です

統計学・データ分析(販売分析)の考え方について 販売実績で下記のような実績... ...

ctu********さん

2014/10/1523:34:40

統計学・データ分析(販売分析)の考え方について 販売実績で下記のような実績...

統計学・データ分析(販売分析)の考え方について

販売実績で下記のような実績があります。

縦軸が店舗として、

B商品は店舗1のおかげで

合計・平均が前年100%以上(良好)

A商品は、店舗1のせいで、

合計・平均が前年100%未満(不良)

と見えてしまいます。

こういった場合に、店舗1を異常値として

削除して商品力を判断することもひとつだと

思いますが、その他、合計前年比で判断するのではなく

それぞれの前年比を比較(たとえば中央値?)みたいな

見方も必要と考えています。

理想的な判断手法(基準)を教えていただけないでしょうか?

統計学,データ分析,店舗,商品力,販売実績,A B vA vA,2 vB vB

閲覧数:
116
回答数:
1
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

can********さん

2014/10/1711:00:47

A B vA vA^2 vB vB^2 vAvB
1 0.5 2 -0.60875 0.370577 0.97375 0.948189 -0.59277
2 1.13 0.89 0.02125 0.000452 -0.13625 0.018564 -0.0029
3 1.25 0.8 0.14125 0.019952 -0.22625 0.051189 -0.03196
4 1.5 0.67 0.39125 0.153077 -0.35625 0.126914 -0.13938
5 1.33 0.75 0.22125 0.048952 -0.27625 0.076314 -0.06112
6 1.07 0.94 -0.03875 0.001502 -0.08625 0.007439 0.003342
7 1.06 0.85 -0.04875 0.002377 -0.17625 0.031064 0.008592
8 1.03 1.31 -0.07875 0.006202 0.28375 0.080514 -0.02235
合計 8.87 8.21 8.88E-16 0.603088 -7.8E-16 1.340188 -0.83854
平均
mA=ΣA/8=1.10875
mB=ΣB/8=1.02625
両方とも1(100%)を超えている。

分散
σA^2=ΣvA^2/8=0.075385938
σA=0.274564997
σB^2=ΣvB/8=0.167523438
σB= 0.409296271
共分散
σAB=-0.104817188
相関係数
r= -0.932716252
(相関係数=|1|が最大)
r=-0.93は非常に強い。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる