ここから本文です

F-22ラプター戦闘機ってすごい性能みたいですけど、費用対効果というかお金の記述...

jot********さん

2014/10/2020:37:24

F-22ラプター戦闘機ってすごい性能みたいですけど、費用対効果というかお金の記述を見ると、もうちょっとすごくてもいいんじゃない?……と感じるのは間違いですか?

F-22ラプター戦闘機,費用対効果,ラプター,APG-77,F-35,すごい性能,記述

閲覧数:
222
回答数:
4
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

su3********さん

2014/10/2300:24:56

これからも、段階的にUPグレードされていきます。そもそも対地攻撃は後付的な物だったので、当初からJDAMとSDB程度しか想定されていません。

現在JHMCS(ヘルメットマウントディスプレイ)とオフボアサイト能力があるAIM-9Xの統合化がされている最中ですから、空対空戦闘能力はかなり上がるはずですね。またAN/APG-77・AESAレーダーも発展型のAN/APG-77(v)1が開発されていて、空対地走査能力が向上しているようですね。あと簡易的な電子攻撃も可能だとか。マイクロ波を照射して電子機器をブラックアウトさせたりする機能ですね。

質問した人からのコメント

2014/10/25 09:10:09

回答ありがとうございました!まだまだ性能が上がるわけですね。おそろしい。。。味方でよかった!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

huy********さん

2014/10/2020:56:09

開発された時期を考えると凄いのでは。

結構前に作られてますよ。

aim********さん

2014/10/2022:11:04

ラプターのを最大のを泣き所はその価格ですね。センサー結合に苦労して開発コストを押し上げて、それで調達数を少なくされ、機体価格が上昇する悪循環に見舞われました。よって価格上昇を抑えるためJHMSやIRSTの積み残し等があり、後日に予算化して装備したものや搭載を諦めたものもあります。
ラプターの凄いのばファースト・ルック/ファースト・キル゙の言葉の通り、ステルス性能で相手に発見されにくくして、高性能レーダーで相手を探知し、音速巡航しているから機体がミサイルを発射時に運動エネルギーを持っているからミサイルの射程が倍近くなり最大探知距離とミサイルの最大射程が同等に近い事になってます。
今後はラプターも運用コストを下げるためにF-35との共通化を図っていくのではと思います。F-35の多くのシステムはラプターのものの発展したものですので、ラプターの近代改修ではフィードバックされる事になると思います。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ooh********さん

2014/10/2313:37:18

冷戦後の感覚で計ると見誤りますよ。
F-22は米空軍のSAMへの恐怖そのものです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる