○A4の紙を20回折り曲げると月まで届くと聞きました。 あくまで計算上の話だとききました。これは事実ですか?嘘ですか? ○超巨大な紙だと20回折り曲げたりできますか?

数学15,450閲覧

ベストアンサー

5

5人がナイス!しています

折って重ねていくとだんだん厚みが大きくなり、いつかこれ以上折れなくなるときが来ます。 なので、紙を半分に切ってそれを重ねていけば、どこまでも重ねていくことができます。 A4用紙の面積は210mm×297mm=62370mm² なので、 A4用紙を705万枚ほど買ってきて、全て1cm²くらいに 切り分けて、それを全て重ねれば、恐らく月まで届くでしょう。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

おおおw 感動って言うほど分かりやす解説です!!! ありがとうございます。

お礼日時:2014/11/2 20:25

その他の回答(3件)

1

どんなに薄い紙でも、約8回以上は折れません。 折り曲がる部分の分子構造が破壊されるからです。 折るのじゃなくて、切って重ねる操作だったらできますが、日本の面積のくらいの紙を切って半分にして重ねて、また1/2にして4枚にして、と考えても、わずかな回数で折紙程度になると思います。 したがって、月まで到達するくらいの紙があったら、地球の体積くらいの紙の量が必要かもしれません。

1人がナイス!しています

0

ふつう、10回以上折るのも困難ですよ。12回以上は折れません。チャレンジしてみてください。

0

月まで届くというのはかなりオーバー。 紙の厚さ次第でしょうが。 折るなんていうから想像できなくなってしまうのです。 半分に切って重ねる,それをまた半分に切って重ねると 考えたほうがいいです。 たとえば厚さ1mmの紙とします。 1回やると2mmになります。 2回やると4mmになります。 x回やると2のx乗の厚さになります。 20回やると2の20乗=1048576mm=1049mになります。 まあ,半分に切るだけでも大変ですが。