ここから本文です

どうしてウサギを数える時、鳥でもないのに一羽二羽と数えるのでしょうか…

chikajukiさん

2007/12/815:53:48

どうしてウサギを数える時、鳥でもないのに一羽二羽と数えるのでしょうか…

閲覧数:
13,614
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

knhs3526さん

編集あり2007/12/818:35:44

ウサギの肉は鶏の肉とよく似た味がしたからだという話を聞いたことがあります。
それに加えて、昔は獣の肉を食べる習慣はなかったけれども、鳥の肉なら食べていたので、できるだけ抵抗がないようにするという配慮もあったのではないでしょうか。

補足です。

「仏教的に……」という↑の回答に興味を持ったので、知り合いの僧侶(浄土真宗)に尋ねてみました。
「ウサギがダメで鳥ならよいという話は聞いたことがない」
とのことでした。
曹洞宗の僧侶にも尋ねてみました。
「ウサギも牛も豚も鳥も魚も全部ダメ! そのような説には仏教を貶めようとする意図があるのではないか」
と怒っていました。

Wikipediaによると、「この由来には諸説あるが、『日本書紀』にある天武天皇5年4月17日(675年5月19日)の肉食禁止令で、4月1日~9月30日まで稚魚の保護と五畜(ウシ・ウマ・イヌ・ニホンザル・ニワトリ)を食べることが禁じられ、それ以降の禁令などにより鳥の鵜と鷺(または佐芸)をもじりウサギとし、「鳥」として扱うことでこれを回避した、あるいは大きく長い耳が鳥の羽に見えるからとする説が有力とされている」とのことです。↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%B5%E3%82%AE

お寺さんの名誉のための補足でした。

質問した人からのコメント

2007/12/8 18:41:29

感謝 ご回答ありがとうございました。説得力があり、しかも本当に詳しく調べていただいて感謝しています(*^▽^*)

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

sossos2754さん

2007/12/816:09:11

ウサギを食べることが禁じられていた江戸時代、農民が、役人の目を逃れて食べているところを見つかり、役人から「何を食べている」と尋ねられ、とっさにウサギを『「う(鵜)」と「さぎ(鷺)」』でございます、と答えたところから、鳥を数える一羽、二羽というようになったらしいです。

ejimushoさん

編集あり2007/12/816:01:49

ウサギは哺乳類で、日本の仏教的には殺して食べて(生きたままでも食べられませんが)はならないものでした。
都合がいいことに、大きな耳が「羽」に見えるので、これを「鳥」と見て、食べてもいいよ、、、はい「一羽」「二羽」・・・
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%B5%E3%82%AE
うさぎ おいしい かのやま~

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。