ここから本文です

自分はガットゥーゾのようなプレースタイルの選手になりたいです。

sou********さん

2007/12/816:10:06

自分はガットゥーゾのようなプレースタイルの選手になりたいです。

しかし闘志はあるつもりでもどうしても空回りしてしまいます。
ガットゥーゾのようなプレーをするにはどのようなトレーニングをすれば良いでしょうか?
またそんなポジションで意識すればいい事はどんな事でしょう?

また、いつか試合が終わってガットゥーゾの体を見たのですが恐ろしい胸板の厚さでした…
だからあれだけの身長でもボール奪取能力があるのだと感じました。
そこで流石にあそこまでは無理でもガットゥーゾのような肉体になるためのトレーニングも教えてください。
参考にしたらいい本も教えていただけるとうれしいです。

ガットゥーゾのスタミナも気になる所です。
運動量が豊富なボランチになるための効果的な体力トレーニングを教えてください。

色々聞きましたが具体的に教えていただけるとうれしいです。

閲覧数:
10,639
回答数:
5
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

da_********さん

2007/12/822:06:07

興味深い質問です。
ピルロになりたい、カカに・・という声は良く聞きますが
闘犬ガットーゾですか・・。
是非頑張ってください。


ボランチとは一見地味で目立たない職人的場所ではありますが
現代サッカーの花形、
チームのキーとなる一番重要なポジションといって差し支えないと思います。

強力な当たり、試合を読む目、危険を察知する能力、
チームの、そしてゲームのバランサーとしての役割、
要所要所でアタックに幅を持たせるオーバーラップ。

とてもやることの多い大変なポジションです。

強力なチームにはおしなべて優秀なボランチが存在します。
彼らが影ながら暗躍し強力にチームに力を与える。

その重責から、私なら一番に嫌うポジションではありますが(笑
「今サッカーで一番カッコイイポジションはどこ?」
と聞かれれば間違いなく「ボランチ」と答えるでしょう。


さて、実際になる方法ですが・・。

フィジカル的には一番上の方がかいてあること、
メンタル的には二番目の方が書いてあることで十分でしょう。

フィジカル的には特別なことをやるより地道な筋力トレーニングによって
徐々に筋力をつけるのがベストかと。
年齢などが書いてありませんがこれであれば体に関係なく無理なくトレーニングできます。

毎日地道にトレーニングすることにより
フィジカルと同時に「地道に耐える」という
ボランチに欠かせない「メンタル的持久力」
も鍛えることが出来、一石二鳥です。

以前書いたことがあるような気がしますが
地道に筋トレをするのが苦手な私が自身のトレーニングにも、
コーチをした際飽きっぽい子供たちの練習にも取り入れたのは
水泳と自転車です。

水泳は学校に行っているのであればスキを見て泳ぐ、
そうでないなら地元のスポーツクラブに行く。
自転車はちょっと遠い散歩、といった感じで隣町まで買い物に行く感覚で
楽しむのが吉です。

筋力はいきなり負荷をかけるよりも「こんなんでいいのか?」という位の
簡単な負荷を持続的に与えてあげた方が効果があると思います。

子供らには自転車レースをさせました。

普段の練習ではランニングなど絶対やらない彼らが目の色を変えて、
かつ楽しんでやってくれました、トレーニングとは知らず(笑
公道はまず無理なので場所探しは本当に苦慮しましたが・・。

まぁ私のような飽き性の人はボランチには向かないかもしれませんが
やれと言われればそうもいってられないので・・・。


メンタリティはその大部分において
生まれつきなところも大きく影響しているので
トレーニングといった具体的な思案は思い当たるところがありません。
筋力はある程度後付けできますが才能のソレは筋力と比べると多少難しい。

ただ「頭がいいこと」というのは状況察知能力と置き換えれば
ボランチにとって絶対無くてはならない能力です。

簡単に言えばチームで最もサッカーをよく知っていなければならない。

とにかく時間があれば試合を多く見ること。
ボランチとしてではなく監督目線ぐらい引いて見ること。
そして片方のチームを見るのではなく
両方を見ること、つまり文字通り「試合(全体)を見る」ように心がけること。

試合展開の流れ、
今は引き時か攻め時か、仲間の異変(ヘバッているひとは誰か、ケガ人は?など)
まで把握していれば完璧ではありますが・・。


おまけに攻守両方をこなすボランチがある程度こなせれば
将来的にFW、DFにコンバートされても極端に違和感は感じないはずです。
ゲームに例えるなら攻撃魔法、防御魔法、両方使える僧侶、といったところでしょうか。


場合によっては「マエストロ」(司令塔)とも呼ばれるボランチです。

ピッチ上の監督といってもいいこのポジションはとても大変ですが
極めれば他のポジションよりもより深いところでサッカーを楽しめると思います。

頑張ってください。

「ガットゥーゾ プレースタイル」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

enn********さん

2007/12/1413:12:57

ま~そうですね
フィジカルとキック力&パス制度ですね
とりあえずこの3つをしっかりやって身に着けます
それでその次は足元のコントロールですかね
キープ力やボールを見ないでもドリブルできるようになりましょう
ま~そのくらいでガットゥーゾに近くなるでしょう^^
ためにならなかったらごめん・・・

moa********さん

編集あり2007/12/902:31:32

自分は高校時代ガッちゃん目指して頑張ってましたが…(笑)。闘志を持っていることは良いことです。一番大事なのは気持ちですから…。主にやることは、①毎日死ぬほど走りまくる、②ベンチプレスをする、③相手にはファールするくらいの意気込みで当たりに行く、④その他筋トレ、練習。まず①をしないとガッちゃんにはなれません。守備的ボランチ(ダイナモ)の極意です。僕の高校で駆け足ペースでの30分間走、ロングシャトルラン、坂ダッシュ、200メートルリレーを連続で10本やってました。基本フルパワーで相手に当たらないと、厄介な相手(代表経験者)だとボール取れません。90分間の試合バテずに追い回すには①は絶対必要。②ですが、質問者さんが言っているガッちゃんの厚い胸板は腕立てでは作りにくく、この方法が一番です。ある程度強い高校ではみんなこれやってます。僕もこれやってかなり力つきましたし…(笑)。U-22のデカモリシもやってましたよ!②=フィジカルと言っても過言ではありません。③はおそらくガッちゃんが相手に一撃を食らわすときの気持ち。④は普通のことです。追加ですが、ボランチなので、試合展開を読む力とかが必要ですが、そんなんは試合やっていったら分かるようになってきます。

rik********さん

2007/12/816:22:24

トレーニングうんぬんじゃなく
頭が良くないとああいう選手にはなれませんね。

ボランチは頭脳明晰でないとつとまらないのです。

fan********さん

2007/12/816:17:04

こんにちは^^
まず毎日の腕立てふせや腹筋をまず始めて見ましょう。
縄跳びやジャンプでも効果が得られます。
足を早くしたいなら、もも上げやサイドステップ、ダッシュをお勧め致します。

1週間もすれば少し効果が現れてきます。
どうぞご参考に。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる